スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『頭文字D』

今日はめずらしく9時半に子どもが寝てくれたので、ぽすれんでレンタルした『頭文字D』をみました!
interview_jey.jpg


私は漫画本をまったくみない人なので、この映画の原作の漫画がどれだけヒットしたのか正直よくわからなかったのですが、見終わってすぐに漫画を読みたくなるくらいストーリーが面白くて引き込まれました。。

陳小春、周杰倫 、陳冠希が山道をバトルするシーンは誰を応援しようか悩みながらもやっぱり最後は主人公、拓海(周杰倫)を応援していました。横で見ている主人が私が真剣なまなざしで画面に釘付けだったのをみて苦笑していました。それくらい入り込める映画でした~!

この映画もイケメンぞろい、誰がいちばんかっこいいか?決断に悩みました。
『ベルベットレイン』では余文樂>陳冠希だったけど、
この映画では陳冠希>余文樂だとか思いながらも、
結局いちばんかっこよかったで賞は、拓海の父親役の黄秋生(アンソニー・ウォン)です。
あの父親がつくる豆腐こそ“男前豆腐よ”とおもってしまいました。

すっきり爽快、こんなに軽い香港映画は久しぶり。。というか初めてかも!

ところでなんで『頭文字D』っていうんだろう。。
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

頭文字D

私はこの映画飛行機の中で見ました.

最初日本の漫画が原作だと知らず,何故香港映画なのに「藤原豆腐店」なのか疑問に思っていました(笑)

私の住んでいるあたりでは,「頭文字D」のロゴが入ったバイクや車が時々走っています.
中には「藤原とうふ店」と書いた車もあります.

この映画を見るまでは,ずっと謎でした.

そんなわけでわたしも「D」の意味は分かりません.

  • 2006/08/22 (Tue) 11:56
  • China258 #dl9EKSp.
  • URL

ドリフト(Drift)の 「D」じゃないかな~と思います。中国語でいうと 「漂移」。彼らのような走り方(コーナーで車を滑らせるようにしてスピードを落とさず走ったりする)のことです(^^)

  • 2006/08/22 (Tue) 13:16
  • an-an #NcFgmDbw
  • URL

なるほどそうですか。私も見てみようかな。ジェイの演技を見るのが怖くて(すごくヘタだったらどうしよう、と・・・)躊躇してました。
コミックの絵が苦手で読んだことないけど、トライしてみます。

  • 2006/08/22 (Tue) 17:19
  • たいやんこんこん #-
  • URL
China258さんへ

飛行機の中でいろんな映画をやってるんですね~いいな~。私がみたDVDは中国語音声は広東語、もしくは日本語でした。普通語での吹き替えでなかったので教材としては無駄でしたが、やっぱり香港映画は広東語がいいですね。(わからなくても)China258さんは広東語オッケーですか?

  • 2006/08/22 (Tue) 17:45
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
an-anさんへ

やっぱりドラフトですよね。私は自転車を立ちこぎするので頭文字Tです。。。
「漂移」はJayの曲であるのでドラフトてマニアな単語おぼえてしまいました(笑)

  • 2006/08/22 (Tue) 17:49
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
たいやんこんこんさんへ

私も最初心配だったんです。。もし下手だったらどうしようって。
(過去に、トニーレオンの演技がスキで、そのあと彼の歌を聴いて一瞬ファンやめようとおもったことがあったので 笑)
Jayの演技、普段はふつーの素朴な少年が車にのると人が変わってしまうところなんか上手く演じてるな~とおもいました。

  • 2006/08/22 (Tue) 17:56
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL

私もドリフトだと思うわ。
ほら、たまにテレビでレーサーの人がドリフトで縦列駐車するの知らない?あれよあれ。

  • 2006/08/22 (Tue) 23:18
  • YUMING #-
  • URL

私もこの映画日本で字幕版を観ました。
鈴木杏ちゃんだけが吹き替えで皆広東語でした。
ただ、最後JAYの電話のシーンだけが普通語だった気がしたのですが・・・
気のせいでしょうか。

  • 2006/08/23 (Wed) 00:47
  • xiahai #fqzFGaNE
  • URL
今、セブンイレブンで

見かけたんですよ、この漫画の方の単行本を。絵を見たら、アレ?、この絵って昔「少年マガジン」に載ってた「あいつとララバイ」書いてた人の漫画じゃないの?、なんて思いながら、Dの意味を書いてないのか、前の方とか後ろの方とか見てたんですが、結局何も載っておらず、退散してきました!。
でも、よく考えてみると「あいつとララバイ」じゃない!。もうひとつのバイクの漫画・・・。ぜんまいえしゃんぶちーらいら~。
めいばんふぁ~、、もう20年弱前の事だし・・。でも誰か解決させてくれると非常にありがたい・・・。

xiahai さんへ

最後の電話のシーンですか?もう一度見直してみます!!

  • 2006/08/23 (Wed) 07:51
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
PinChuanさんへ

【ばりばり伝説】じゃないでしょうか?うちの義弟が教えてくれました!解決っす!

  • 2006/08/23 (Wed) 07:53
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
それです。それそれ。

おはよう御座います。
御陰様で今日もスッキリして仕事に取り組めます(笑)。
話がそれまして済みません。義弟様によろしくお伝えください。


あいつとララバイ

すごく懐かしい!この漫画はなぜか知ってます!今日もお仕事がんばってくださいね~!

  • 2006/08/23 (Wed) 09:34
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
広東語

広東語は全然だめです.

でも電話に出るときには思わず「ハイ(是)」と言ってしまいます(笑)

飛行機の中で上映していたのは普通語だったような気がしています.

飛行機の中で結構いろんな映画見ています.でも1回見ただけでは良く判らなくて,たいていはDVDを探して買っています(笑)

  • 2006/08/23 (Wed) 10:33
  • China258 #dl9EKSp.
  • URL
横レスですが<Chaina258さま

電話にでるとき「ハイ」って・・・そうなんですか?
今日久し振りに中国に電話するときに、wai1ちゃうで、wei4やでと思いながらかけたら、「ニイハオ」と言われて、つられて「ニイハオ」と言ってしまいました(笑)おかげでそのあと、一瞬の沈黙。調子崩された感じでした^^;

  • 2006/08/23 (Wed) 21:00
  • YUMING #-
  • URL
はい!

香港映画みてて、あれ?今の日本語やんってびっくりしました。普通語吹き替えみてみたいです。きっと少しやかましい感じのする普通語でしょうね。香港映画の吹き替えって、南方の人が話す普通語なんじゃ~ないかな?聞き取りやすいんだけど。。。

  • 2006/08/24 (Thu) 08:05
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
うぇい~!

私、この言葉好きで、電話かけるときはうれしくなっちゃいます!
そうそうイニシャルDの『D』って当初原作者も『ドリフト』の『D』だっていってたらしいのですが、あとからもっといろんな意味が隠されてるって発表したらしいです(私の友達が教えてくれました)。どんな意味が隠されてるのかすごく期待させっといて、単純にドライブのDだったりして。。

  • 2006/08/24 (Thu) 08:10
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
ハイ

YUMINGさん

電話に出るときはウェイです.

「林先生o馬?」と聞かれたときに思わず「ハイ」と言ってしまいます(笑)まっこれはこれで良いか,と思ってますが.

  • 2006/08/24 (Thu) 16:02
  • China258 #f/DDahk2
  • URL
ハイ

あ~びっくりした。そりゃあそうですよね<ウェイ
返事のハイはOKだと思いますよ

  • 2006/08/24 (Thu) 17:40
  • YUMING #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

イニシャルDの映画を見ました。我看了头文字D的电影版。 もう一年ほど前に日本でも公開されてたけど。ご存知のとおり原作は日本の漫画。在日本大概一年前上演过。大家都知道的,原作是日本的漫

  • 2006/09/22 (Fri) 00:14
  • 阿雅の日記。――中文母語水平への道

頭文字D『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメを指す。公道において自動車を高速で走行させることを目的とする走り屋の若者たちを描いた作品である。1995年の半ばか

  • 2007/07/25 (Wed) 09:29
  • まなの部屋

頭文字D『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメを指す。公道において自動車を高速で走行させることを目的とする走り屋の若者たちを描いた作品である。1995年の半ばから、「週刊ヤングマ

  • 2007/09/29 (Sat) 21:34
  • アニメ・マンガ 集まる!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。