スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水煮西遊記

図書館でリクエストしていた【水煮西遊記】が届き読んでみました。
【西遊記】の話を例にとりながら組織を分析していくビジネス書で
西遊記に詳しい人が読むとすごくおもしろいとおもいます。
私は西遊記にあまり詳しくないので、逆にこの本をよんでから
更に西遊記を読んでみたいとおもいました。

ただ、この本は中国語の本から日本語へ訳されたせいなのか
少し翻訳が漠然としていて分かりにくいところもありました。



水煮西遊記 水煮西遊記
成 君憶 (2006/03)
日本能率協会マネジメントセンター
この商品の詳細を見る

この作者はこの本で
私たちが所属する組織のメンバーは4つのキャラに分類できてると書いています。


*全体統括型の三蔵法師

 遠く将来を見据た明確な目標をもっている。
 組織を構成する能力がある。
 ハイレベルの仕事を重視。
 組織の責任者をつとめる。

*実行主義型の孫悟空

 意気込みがある。
 行動第一。
 問題解決をすばやくする。
 業務の結果を重視。
 組織の任務を迅速に理解し完成させることが得意。
 組織の業務の中核をなす。

*猪突猛進型の猪八戒

 情熱的で奔放。
 感情表現が豊かで熱気あふれる仕事のムードを盛り上げるのが得意。
 組織における盛り上げ役を請け負う。
 一人一人同僚をサポートし、仕事を楽しくする。

*沈着冷静型の沙悟浄
 平和主義。
 冷静で忍耐力がある。
 組織の事務的な仕事を引き受ける。
 根気よくあくまでもやり通すことができる。
 プレッシャーがあって冷静さもキープできる。
 普段目立たないが最後の瀬戸際にはいつもその局面を安定に導く。

皆さんが所属している組織の人を西遊記のキャラに分類してみてもおもしろいかも!
ちなみに私がいた組織の幹部クラスには下記のような理想的なキャラがいませんでしたね~。会社組織として機能していない面が多かったのもこのせいかな。。

ちなみに私は沈着冷静型の沙悟浄に憧れますが、実際は猪八戒かな。。。


テーマ: 読んだ本。 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

この本、気になっていたんですよねぇ。
こけしさんの図書館利用術、勉強になります。
図書館も大好きな場所のひとつなのですが
私はつい買いたくなってしまうタイプで、家中本で埋まってしまいそうです。
明日あたり図書館に行ってみようかしら。

  • 2006/07/26 (Wed) 14:26
  • xiahai #fqzFGaNE
  • URL
図書館で借りてから購入を!

私も同じく本や雑誌をかっちゃう人+何度も同じ本を読み返すことがない人だったので家は本だらけになってました。主婦になってからはめっきり節約モードで図書館にお世話になています。xiahaiさんのお住まいの地域の図書館はネット予約はできないのでしょうか?大阪市はそれができるのでたすかっています。この本より『日本語と中国語』という本の方が私はおもしろかったですよ~。

  • 2006/07/26 (Wed) 17:01
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
なんでやねん!

好!ぺりおちゃんのブログで見かけたけど、もしかしてこけしちゃんも、、、同類??

ぴぃまんアフリカ人、作ってみた?

  • 2006/07/26 (Wed) 20:26
  • sheng #HDrNEwPA
  • URL
完全

猪八戒キャラなtanuです(笑)

この本、面白いですね~!「水煮」というところがまたいい!
お仕事始めたし、早速職場の人を分析してみたいと思います。でも今じゃ上司と言えど、全て年下。それも結構な。私はお釈迦様のような気分です...(あくまで気分だけ)。

  • 2006/07/26 (Wed) 22:34
  • tanu #-
  • URL
shengさん

同類なんて褒め言葉ありがとうございます。
ピーマンやってみたところアフリカ人とおりこして、ムンクの叫びみたいになったので青椒肉絲にしてしまいました(笑)

  • 2006/07/26 (Wed) 22:49
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL

こけしさん、こんにちは。
切り刻まれたピーマン君を想像してかなり笑えました。(^_^)

『日本語と中国語』もこの『水煮西遊記』も本屋さんで見かけてずっと気になっていたんです。
こけしさん、さすがですね~。
『水煮』に続く『水煮三国志』っていうのも出ていましたよ。
こちらもピクピク・・

  • 2006/07/27 (Thu) 16:08
  • ぺりお #-
  • URL
ぺりおさんへ

ぺりおさんにピーマンの叫びをお見せしたかったです。。
さすがというか、偶然図書館の新書を『中国語』で検索したらたまたまでてきて予約したら、あたりでした。『見ずにシリーズ』じゃなかった『水煮シリーズ』三国志もあるんですね~。見ずにいられない。サぶ~。。。。

  • 2006/07/27 (Thu) 17:18
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
こけぺり

ぺりお(妹)と3人で”ぴぃまん娘”でデビューしなさい。
いっそ、ちゃい子の二胡を加えて”ぴぃまんホットシスターズ”でも…。
東京もんにはわからんかもな。
熱あるし寝よ。

  • 2006/07/27 (Thu) 19:12
  • sheng #HDrNEwPA
  • URL

地元の図書館はちっとも近寄っていないので、これを機会にちょっとチェックしてみます。
もちろん『日本語と中国語』も!

  • 2006/07/28 (Fri) 00:38
  • xiahai #fqzFGaNE
  • URL
shengさん

熱があるのにおばかな話につきあってくださってありがとうございます。更に熱を上げてしまったのではないかと心配しております。。
ホットシスターズ。おもしろそう!是非shengさんもメンバーにはって劇団ピーマンにしませんか!?

  • 2006/07/28 (Fri) 18:45
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
xiahaiさん

是非是非そうなさってください!
またおすすめがあれば教えてくださいね~。。

  • 2006/07/28 (Fri) 18:46
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL
おばかなら負けないぞ!

*****ニュース速報*****
■■悪質なブログ荒らしにご注意!■■
最近、語学学習者の相互協力のためのブログに、コメント等を通じ同好者を装い巧妙に入り込み、仲間であると信じ込ませた上で、最後にはブログ管理者のみならず、その家族まで巻き込んでサーカス団やよしもとに売り飛ばす手口の詐欺があることがわかった。狙われやすいのは比較的高学歴の既婚女性の管理する英語以外の言語の勉強サイト。関係筋によると、「この手の女性は学生時代から比較的勤勉であり人を疑うことを知らず、かつ同じく高学歴の男性と結婚しているケースが多いため経済的にも豊かである上、意外とお調子者が多い。」とのこと。ネット社会の間隙をつく悪の手口はますます複雑かつ巧妙になっている。

犯人らしき人物を目撃したという大阪府のこけしさん(本名)の証言。
「日本橋の上海新天地2Fで買い物をしていると、ある中年男性がヒマワリの種を指差して、奇妙なアクセントで『Nimen zhongguoren chi zhe yang de dongxi ma?』と聞かれました。『こいつ、アホか』と思い何も答えずにその場を去りました。相手してあげればよかった。」 [ぼんてん通信]

  • 2006/07/28 (Fri) 19:33
  • sheng #HDrNEwPA
  • URL
あっ!

shengさん。大事なことを証言するのをわすれていました。その犯人らしき人、ピーマンに彫刻ほどこしたストラップを携帯に付けていました。先ほど、ぺりおさんからの報告があり、横浜中華街出没したらしいです。全国的な犯罪組織が裏にからんでいるおそれがありますね。

  • 2006/07/28 (Fri) 20:21
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL

なんで水煮・・・という名前なのかな。私は反射的に四川料理の「水煮牛肉」が目に浮かびました。

  • 2006/08/01 (Tue) 00:12
  • あられ #XGkrYQCI
  • URL
あられさん!

なんで「水煮」っていうのか?この本に書いてありました!四川料理の「水煮魚片」に由来し、【ぴりっと辛い味のある風刺を利かせた】という意味が込められているんですって~。
私もあられさんと同じく【水煮牛肉】を思い出しましたよ。。

  • 2006/08/01 (Tue) 06:57
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。