スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM COCOLO『華夏之声』

火曜日は忙しい。というのも。。。
月曜日の夜に録画した『NHK中国語会話』 谷原章介を見てから、ラジカセで録音した『FM COCOLO Chinese edition 』と『華夏之声』を聴くのに大忙し。

この『華夏之声』は、FM COCOLO(関西の多言語放送局で関西に住む外国人や外国語学習者にとって役立つ情報が多い)の中で私のお気に入りの番組の一つだ。

この番組のいいところは

*毎回、おもしろい中国圏の情報を紹介してくれる。
*その情報をネイティブの二人が、先に日本語で簡単に説明した後、
 中国語で説明してくれるので中国語の内容が聞き取りやすい。
*担当の上海出身のコウイと杭州出身のシャオチェンが話す日本語が
 とても上手で聞き心地がいい。
*30分の放送が飽きずにきける長さがちょうどいい。
*webラジオでも好きな時に聴ける。
 
7月17日の放送では上海の『冰吧=アイスバー』が紹介されていた。
私が上海に旅行で行った6年前、すでに『bar バー』ブームだったので、今でものそのブームが続いているのには驚いた。
その頃、私が行ったのは、『陶吧=陶芸バー』。
中に入ると、中央に陶芸の粘土が“どかっ”とおかれた大きなテーブル、ろくろ、作品が展示された棚でどちらかといえば、バーというよりも陶芸教室でお茶をするって感じのところだった。ドリンク代を支払えば 粘土を使って自由に創作できるが、ここでつくったものを窯で焼いてもらう場合は別料金。私はここで亀をつくったが焼いてもらったあと日本まで送ってもらうとなると大変なのでやめた。

ここのオーナーが、昔に流行った『ゴースト』という映画の陶芸シーンをみて この店を思いついたという。映画をみてそう考える人もいるとは思うがそれを即ビジネスにしてしまうところが中国人のすごいところだとおもった。
私も、日本に帰ってこんなカフェをやったら流行るんとちゃうか?と思ったが陶芸の粘土が日本ではめちゃくちゃ高いし、これは赤字経営になってしまうだろうと即あきらめた(笑)。今でもこの『陶吧 陶芸バー』は上海にあるんだろうか?その当時他にも機織りバーがあると聞いたが、もう姿を消してしまったかもしれない。

このネットで関連記事もよんでみた。申城夏日冰吧不够"火"  

華夏之声のWebラジオはこちらのサイトの『WEB RADIO』をクリックして視聴できます。

テーマ: 中国語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

懐かしの「陶吧」ネタですね(笑)
初めてこけしさんに聞いたときは「そのコンセプトって一体・・・」と思いましたが,激しく変貌する上海,今じゃもう無くなってるかもしれませんねぇ。

  • 2006/07/19 (Wed) 11:53
  • an-an #NcFgmDbw
  • URL
an-anさんへ

タオバー。懐かしいネタです~!アイスバーのブームが去らないうちに上海にいかねばっ。この店は回転が速そうで儲かるかも?記事によると上海人にはうけてないみたいですけど珍しいものみたさで一回はいってみた。いろんな商売を考えつくチャイニーズ。さすがですね。

  • 2006/07/20 (Thu) 11:08
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL

こけしさん、なんか教育ままモードに入ってますね…。
ネットラジオ聞きました。
感動です。
二人の冒頭の会話なんて聞き惚れてしまってもう中国語どころではありませんわ。中国語ってホントきれいな言葉だなぁと再認識しました。
これからも関西圏中国情報、いろいろ教えて下さい。
ところで、NHKのラジオ講座聞くためにTalkMasterっちゅうのを衝動買いしてしまいました。高かった。
これ持って電波の入るマンションのベランダとかに出て、ホタル族みたいにお勉強するのじゃ。
くふふ。

  • 2006/07/21 (Fri) 19:08
  • sheng #HDrNEwPA
  • URL
shengさん

この二人の中国語も日本語もいいでしょ!
喜んでもらえてよかったです。
ところでTalkMasterって無線機ですか??なんだかそれを持ち歩いて勉強している姿、想像するだけで笑えてキーボードが入力できない(爆笑)でも買ったからにはがんばってくださいね。
そうそう『子育ての合間』ってタイトルにあわせてちょっと教育ママ風のネタやってみました。

  • 2006/07/21 (Fri) 19:52
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。