スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本舞踊体験

IMG_1791_convert_20110718064753.jpg

我带孩子们一起参加了日本舞蹈体验教室。这个教室是对外国人和孩子们举办的。
当然是我孩子们,我也第一次学日本舞蹈。
一开始,我们学了『一寸法師』。老师先用紙芝居给我们介绍简单的主要情节。然后我们顺着跳。
授课以前,大儿子对我说『我不想跳舞,随便看看吧!』,但是,实际上他跟专业老师学跳舞了。
小儿子怕这种复杂的环境。他对我说『妈妈!抱抱!』
我一边抱孩子,一边跳舞。 结果,我不能跳舞,只冒汗了。

接下来,『小 星 星』。老师分发了一把扇子。
老师说“扇子是非常重要的小道具。不是涼快的工具。”

親子で外国人や子供向けの日本舞踊体験ワークショップに参加してきました。
日本舞踊なんて、子供はもちろん私も初めての体験です。
最初は『一寸法師』。『一寸法師』の紙芝居の後、唱歌『一寸法師』にあわせて、踊りました。
『おどらへんわ。見てる』と言い張っていた長男も,音楽が始まると踊りをまねて参加していました。
次男は相変わらずこういうところは苦手で『ママ抱っこー』を連発。
私も、抱っこしながら踊ってみたが、ただ汗をかいただけで終わりました。

その次は『きらきらぼし』。扇子が一人一つ配られました。
扇子を持つと普通はあおぎたくなりますが、日本舞踊では扇子は決して涼をとるものではなく、いろんなことを表現する道具となるため、大切にしなければいけないということを教わりました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。