スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都市営バスの車内で【本日、出会った観光客】

今日は三条通へ行く用事があり、バス好きな息子と市バス一日乗車券を片手におでかけ。
三条通での出来事はまた後日、ブログに書くとして、まずは市バスの車内での出来事を書きます。

私たちの乗っているバスに、明らかに地元住民がのっている系統に外国人観光客が乗り合わせてきた。
私の感では、たぶん、見た感じ香港人。金閣寺に行こうとして間違えてきたはず。。
これは、教えてあげなければと大阪人の血が騒ぎ、ハラハラしていると、その観光客の二人組は私たちの前の座席に運良く座ってくれた。

相手はたぶん香港人。なので、下手な英語でどこへ行くのか聞いてみると、

やっぱり金閣寺!!(あいかわらず、外国人観光客に大人気の観光地!)

市営バス博士?の息子に、どこでおりて、どのバスにのったらいいかを確認し、英語で説明。
変な英語もうまく通じ、慌ててバスをおりていった。

その後すぐ、息子に『なんで中国人なのに、英語で聞いたん?』と聞かれた。

『香港人ぽかったから、英語にしてんよ』と答えると

『100%中国人だとおもう』と自信満々の息子。
なぜかと聞くと
『中国の国旗のキーホルダーしてたもん』と息子。
『そうなん!!よく見つけたね。ママ気がつかへんかった。それなら中国語で話せばよかったわ~。』と私。

自国のキーホルダーをしたから、中国人ってことはないと反論したい気もしたけど。といいかけたけれど、子供相手なのでやめた。


京都に住んで3年。まだまだ、道に迷っている人をみると、話しかけたくなってしまう大阪人気質はなかなか抜けきれない私。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。