♩この絵、誰の絵?気になる絵♩

大阪の国立国際美術館でこれから開催される

“アヴァンギャルド・チャイナ ―<中国当代美術>二十年―”。

張暁剛の作品もあるようです。どこかでみたことがあるといいう方も多いのでは。。
 ↓
666


実は、彼の作品は映画『胡同のひまわり』に起用されています。
himawari.jpeg himawari2.jpeg

映画でこの絵をみたとき気になってネットで調べてみたんです。
張暁剛とういう方の作品で、彼の絵は絵画のオークションで1億で落札されたという、
世界的にも有名な画家でした。


私の好きな絵のジャンルとは違うのですが、なんだか気になる絵。
美術館で本物の絵の前に立ってみてみたいです。
きっと絵の中の無表情な顔だちの人たちにまっすぐに見つめられ、見ている側までつられて無表情になってしまうのではないかしら。


しかし、“アヴァンギャルド”って言葉久しぶりに聞いたな。。

アヴァンギャルド・チャイナ ―<中国当代美術>二十年―

期間/2008年12月9日(火)~ 2009年3月22日(日)
会場/国立国際美術館(大阪市北区中之島4-2-55)  
開館時間/10:00~17:00(金曜日は19:00まで。入場は閉館の30分前まで)
休館日/月曜日(ただし1月12日は開館、1月13日(火)は休館)
    年末年始(2008年12月28日(日)-2009年1月5日(月)は休館)
料金/一般 1,000円(前売: 900円,団体:800円)、大学生 500円(前売・団体:400円)

コメント

こんばんはぁ!なんと、先日ツタヤでその映画を借りたばかり!そっかぁ、そんな有名な人の絵だったんですね・・・。全然知らなかった、オハズカシや。。。確かに引き込まれる絵です。開催期間中にソチラ方面へ帰る機会があれば見に行こうと思います、情報ありがとうございます!

  • 2008/12/03 (Wed) 23:35
  • wen5013 #-
  • URL

なんと!タイムリーでしたね。私も最近、またこの映画のDVDをみました!国立国際美術館って有料託児サービスがあるので
利用してみるのもいかもしれませんね。
鉄道大好きな上の子と京阪中之島線の新型車両にのっていくのもおもしろいかと思っています。wenさんところの坊ちゃんも喜びそう。。一緒に行けたらいいな~。。。

  • 2008/12/07 (Sun) 02:22
  • >wenさん #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する