スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子中国語教室 三回目

今回は、もう一組の親子がお休みで、うち一組だけの参加。
最初、子供はお友達の男の子がいなくて寂しそうだった。

前回習ったことの復習と身体の単語(手、足、頭、眉毛、耳)動物の単語などを学習。

レッスンが終わってからトイレに行った時、便器を見ている子供に「TOTOって中国語でなんと言うの?」と聞かれた。
「ママもわからないから 先生に聞いてみよう!」と
教室に戻って質問すると「東陶」と老師。
便器の素材は陶器だから、TOTOは、うまいこと中国語名をつけたなとおもっていたら、元々社名が東陶機器株式会社だったんだ~。知らんかった。。

家に帰ってから、「バナナって中国語でなんていうの?」と聞かれたり
「中国語でなんていうのか?」珍しくたくさん質問された。
私も聞かれても答えられないものが、あって
辞書を引きながら子供に答えているうちに新しい単語を覚えることができた。

次のレッスンはまた二組でワイワイやりたいな。
テーマ: 習い事 | ジャンル: 育児

コメント

兄と弟?

あてにならない情報(たぶんガセ)ですが、
トイレ設備関係では
totoという会社と
inaという会社がありますね。
ぎゃくに読むと
弟と兄ですね!
兄弟でのれんわけでもしたのかな。。。という
都市伝説でした。
----
她今天吃香蕉。
一声ばかりのこのことばリズミカルで面白いですよ。
誰が今日バナナを食べたの?
いつ彼女はバナナを食べたの?
今日彼女はバナナをどうしたの?
今日彼女はなにを食べたの?
これらの質問にたいして、
答えは同じ 她今天吃香蕉 でも、
発音が微妙に違うそうですよ。

  • 2008/05/09 (Fri) 20:30
  • 630叔叔 #ntAPeFmM
  • URL
そんな都市伝説があったんですか?

おもしろいですねぇ。気づいた方がすごいです。ひょっとして630叔叔さんが情報発信元だったりして。笑。
そうそう、Wikipediaによると、
INAXは、TOTOの創業者である大倉和親によって森村財閥のタイル部門会社として1924年に設立され,この森村の同門企業としての両社の関係は長らく「競合的共存」とも言われ、INAXがトステムと経営統合する2001年まで続いたとのこと。

バナナの話。強調する部分が微妙に発音がかわるんでしょうかねぇ?
おもしろいですねっ。
まったく余談なのですが、私はバナナを食べると胃が痛くなります。
なんでだろう??

  • 2008/05/12 (Mon) 17:46
  • >630叔叔さん #J8eUK5BM
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。