スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子中国語教室モニター体験

親子中国語会話教室のモニターに選ばれ、体験レッスンを受けてきた。
この親子中国語教室は、この学校の初の試みらしく、私たちモニターの意見を参考にして今後に活かしたいとの事だった。

ひとクラス三組だが、初回は一組お休みだったので、3歳のうちの子と4歳の男の子の親子と二組でスタート。

先ず、うちの子はxiangxiangと名付けられた。
先生は必死に年齢と果物の名前とnihaoを言わそうとしていたが、なんせ子供は二人とも男の子ということもあって、興味があまりないのと初めての環境にとまどって、全く中国語を発音しようとせず、ひたすらその場所にある玩具を使って遊んでいた。

困った先生は、子供と一緒に遊びながら中国語でときどき話しかける方法に変更。
最後は、先生と自由に遊びながら先生の中国語を聞いて nihao 謝謝 再見等 
先生の真似をやっとするようになって終了。

子供相手に教えるのは経験がないと難しいだろう。子供って楽しい事つまらない事に正直に反応するからな~。。

今はモニターでタダだからいいけれど、正直いってお金を払ってレッスンを受けるのは今の状態もったいない。これからあと11回あるけど、どうなるんだろう。。

まあ、同年代の男の子のお友達になれたのと、私が子供に使う中国語が覚えられるし、子供も遊びながらでも、ネイティブの発音を聞くだけで十分かな??

やっぱり親子で一緒のことを経験して楽しむのもいいけど、
どうせお金払っての中国語レッスンは、私だけで体験したいところ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。