スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさがお市


毎年この時期になると新大阪センイシティの“あさがお市”のポスターが新大阪駅周辺に張り出されます。新大阪に住んで四年。一度もいったことがなかったので、今年は子供に朝顔をみせてあげるのもいいかな~と思っていってきました。

あじさい市。満開のあじさいを想像していたのですが、到着した時間が昼前だったので、すっかり朝顔も花を閉じていました(そりゃそうやね~朝顔やし。笑)。
そしてひと鉢1000円、1500円の朝顔の8割が、売れてしまってました。
朝顔ってこんな高いのに、みんな買っていくんですね。知りませんでした。
20070708201841.jpg20070708201924.jpg



知らなかったといえば、朝顔って中国語で【牵牛花 qian1niu2hua1】というんですね~。(花より団子の私。お花の名前は日本語でさえも詳しくないので、もちろん中国語なんてもちろんダメ)

牽牛だなんて。。昨日は七夕であまりにもタイムリーだったので、気になって
牽牛花の名前の由来をネットで調べてみると
元々この朝顔は花を咲かせる時期が天体の牽牛星と織女星のあらわれる季節から名づけられたのだそう。


朝顔って日本古来のものとおもっていましたが、実は遣唐使が牽牛子(けんごし)の名で薬用として渡来した植物だそうです。

朝顔はその花の形がラッパににてるから【喇叭花la3bahua1】ともよばれていたり
毎朝、早くに花を咲かせる姿が勤労だというところから【勤娘子】ともよばれているみたいです。

他にも朝顔の名前の由来にまつわるおもしろい昔話がありました。
こちらに牵牛花的来历リンクしておきます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。