スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海遊館の中国語の音声ガイドを体験

昨日は雨。どこに出かけようか悩んだあげく、海遊館に行ってきました。
ここは、いつも台湾や香港、中国、韓国をはじめとするアジアからの観光客であふれかえっていて、ここは本当に日本か?と疑うくらいいろんな言葉が聞けるスポットです。
ついつい、となりに中国語を話している人がくると、耳ダンボになってしまう私。
きっと外国語学習者にありがちな行動だとおもいますが。。。

日曜日の昨日は、5月10日に高知からやってきたジンベイザメの「海くん」お目当ての家族連が多かったです(ちなみに、子供の名前に「海」という漢字が付いている子は入館料無料フェアをやっています。7/8まで)

子供が動物やお魚が好きなので、子供が生まれてから、ここへ来る機会が増えました。この海遊館は、子供にとっては楽しい場所。大人の私も、楽しいことは楽しいのですが、よく考えると一つの大きな水槽の周りをぐるぐる回って降りて見ていくだけだし。。。すでに何度も来ている大人の私は、少しマンネリ化してきた気がしたので、更に楽しむために、思い切って中国語の音声ガイドを借りてみることにしました。

海遊館の音声ガイドは、日本語(キッズ用もあり)、英語、中国語、ハングル、フランス語とあって、利用料は300円。これを首からぶらさげ、耳にイヤホンをつけて、各水槽の前へ行くだけで、生き物の解説を聞くことができます。聞き取れなかった部分は、ガイド番号を自分で入力してスタートボタンを押せば、繰り返し聞けるので便利でした。

今回は、中国語の音声ガイドを借りて、海遊館の楽しさが倍増!ただ、聞き取れない部分が多くてストレスも倍増しましたが(苦笑)。自分のレベルを再確認するためにもやってみるとおもいしろいと思いました。

私は、ラッコ、ジンベイザメ、アシカ、カワウソなど中国語でなんというのか知らなくて
音だけ音声ガイドでおぼえて、自宅に帰ってから、辞書や海遊館の中文サイトで調べて復習しました。これらの単語を使う機会は少ないとおもいますが、こういう機会に覚えようとしないと覚えないので、よかったです。

次は、英語かハングルを借りてみようかな?面白そうです。

コメント

つぎはこれを暗記してちょ。

お子さんと一緒に遊びながらいかに中国語の世界に入り込むか・・・中国語の音声ガイドとは考えましたね。次は、ここのページを暗記して、今度はどれだけ覚えてたか試してみる?うふふ

日本語のウキペディアでジンベイザメを引き、左の枠の中文をクリックすると、「維基百科」の鯨sha が出てきます。
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%AF%A8%E9%AF%8A

  • 2007/06/26 (Tue) 23:06
  • rokoko #G5KZBqus
  • URL
ありがとうございます。

「維基百科」で中文をチェック。便利ですよね。
日本語や英語と対比しながらみてます。rokokoさんもやってるんですね。

ジンベイザメやってみま~す!実は、既に一番気になったマンボウ“翻車魚”はチェックしました。笑。
中国語を覚えながら、水の中の生き物の生態もわかって一石二鳥ですわ。。ふふふ。

  • 2007/06/27 (Wed) 05:30
  • >rokokoさん #J8eUK5BM
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。