スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探すのをやめたとき、見つかることもよくある話


一昨日ハローワークに行ってきました。
求人を検索すると、またまた中国と関係のある会社がヒット。
職種は一般事務、中国語できれば優遇。時給も1000円以上だし
かなりいい。働いてみたいな~。。。

本当に、中国関連の会社に転職したいと必死で探していたあの頃は、
全く見つからなかったのに。不思議なものです。

これって、鍵をなして、必死で探しているときはみつからなくて、探すのやめたら、突然でてきた~とか、彼氏がほしいと必死に思っているときは、なかなかみつからず彼氏なんかいらないわ〜と開き直ったときに、意外と彼氏ができるのとおんなじですね。

“モノって必死に探しているときは見つからないもの”

まさに、中国語の俗語 
 踏破铁鞋无觅处,得来全不费功夫

踏破铁鞋无觅处 ta4po4tie3xie2wu2mi4chu4
鉄のわらじをはきつぶすほど探しても見つからない

踏破铁鞋无觅处,得来全不费功夫
血眼になって探し求めていたもの(人が)がひょっこり現れること
(比喻费很大的力气找不到的东西,却在偶然间又轻易地找到了

今、必死でものを探している方、少しあきらめてみるとふと見つかるかもしれませんよ~。

コメント

中国語でお仕事

仕事の探し方までちがうよね。
今は家で検索してもヒットするし、パソコンってすごいな。

せっかくの機会だから、行っちゃえば。お母さんにうまいこと言って、息子さん見てもらえるなら可能?
行け行け!GO!GO!

  • 2007/06/17 (Sun) 20:58
  • rokoko #G5KZBqus
  • URL
go!go!と行きたいところですが。。。

実は、義母も実母も働いていて、子供みてもらえる時間が早朝か晩しかないんですね。それか内職。。
来年幼稚園なので、それまでは、どんな仕事があるのかリサーチしてみようと思っています。

  • 2007/06/19 (Tue) 19:47
  • >rokokoさん #J8eUK5BM
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。