スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テレサ・テン物語」録画予約完了!

以前から、楽しみにしていたドラマ「テレサ・テン物語」明日夜9時からです!

テレサ・テンの一生をドラマ化するってネットの記事でみつけたときは、
まだオファーがあった女優さんがみな「テレサの役が重すぎる」といって断る人が多く、いったい誰になるのかすごく楽しみでした。

結局のところ、引き受けたのが木村佳乃。
こういう大変な仕事をど~んと引き受けちゃう潔さってすごいな。ちょっと見習いたい!

彼女が台湾で会見した内容の記事をみていると、台湾では、かなり印象がよかったみたいですね。中国語で「大家好!我愛台湾!」なんて挨拶したり、記者達からの鋭い質問にも、さらっとかわしたり、時代考証が間違っていたことについての指摘にも、すぱっと「対不起」と謝るなど、なかなか潔い感じ!



テレサ・テンと言えば、歌謡曲が好きな父の影響もあって、私は子供の頃から
歌番組に出演している彼女の歌を耳にしていたのですが、
父が歌うど演歌とはちがって、この人の曲は好きだなっと思ったくらいでした。
それからカラオケでかなり歌ったぐらい。。。


1995年42歳の若さで、彼女が亡くなったと知ったのは、
私がその年にはじめて通った中国語教室でした。
教室では、もちろん彼女の話題になり、はじめてその死に謎が多いことを知りました。
中国人の先生は“政治的な部分で色々と利用されてた人だったから。。もしかしたら暗殺されたかも。。?”みたいな話がでてきて、なぜ歌手が政治的に利用されるのか?話題が重たすぎて付いて、中国についての知識があまりない私は、ほとんど話を聞いていませんでした。(今思えばもったいないことをした。)

覚えている話といえば、大陸出身の先生は、「若い頃、彼女の曲を歌う事が禁止されていたので、夜中、こっそり家の窓を閉め切って小さい声で歌った。それが青春時代の唯一の娯楽だった。」といってたことぐらい。

そして12年たった今、ようやく、自分が、この話に興味がもてるようになりました(中国語のレベルはあんまり変わってないのが悲しいけれど。。泣)。
ドラマだけでは不完全燃焼になるとおもうので『私の家は山の向こう―テレサ・テン十年目の真実』早速図書館にリクエストしておきました。
(7人まち。。いつごろ届くかな?劇団ひとりの本は400人まちで届くまで一年以上かかったわ~)

木村佳乃の台湾でも会見の模様、少しですがyoutubeにありました。
こちら
この話の中にでているpaobudashuって「跑步答数」て数を数えながら,走ることですよね。軍人さんと走るテレサ。なんで???謎だわ。

それからyoutubeで検索してひっかかったテレサが歌う「我的家在山的那一邊」。この歌がキーになっているですよね。更に謎は深まり、楽しみになってきました。



このシーンもドラマにあるみたいです。更に謎だわ!

コメント

やはり

話題に上りましたね(^^)
早速TBさせていただきました。
明日は午後にも放送直前特番があるみたいですよ。木村佳乃が台湾を訪ねる内容のようです。こちらも一定該要看~!

そうそう,「我的家在山的那一邊」については,手前ミソですが,先日ちょっと記事にしています。お時間あったらご覧下さい。
http://anancafe.exblog.jp/5640135/

  • 2007/06/01 (Fri) 12:20
  • an-an #LJZjU7Sc
  • URL

このドラマもそうだけど、an-anさんのブログも見逃せないですねっ。早速みてきました。既に原作もご覧になっていたんですね。いつも守備範囲の広さに驚いています!そして89年のこの出来事を当時知っていたan-anさんってすごいわ~。本が届くのがますます楽しみになりました。。

ところで。このドラマの出演オファー。an-anさんのところにもきたんじゃないですか?香港のマネージャーって小林綾子よりan-anさんのほうがイケテルと思うんだけど。。笑

  • 2007/06/01 (Fri) 15:06
  • >an-anさん #J8eUK5BM
  • URL

ドラマ、楽しみですね。私も録画予約してあります。

テレサ・テン、子供の頃は私もこけしさんと同じような印象でした。父がよく聴いていた歌謡曲を歌う歌手の一人であり、大きくなってからは友達がよくカラオケで歌っていたなぁという感じ。

「我的家在山的那一邊」、あのYouTubeの映像は何度見ても泣いてしまいます。初めて見たとき、彼女が何を訴えたかったのか?と気になって、すぐに検索して歌詞を調べました。
普段あまりテレビを見ていないので、番組宣伝なども殆ど見て無くて、どんな映像や音楽になるのか?と楽しみです。

そうそう、深夜にやる『漢文エンタテイメント カンゴロンゴ』 の予約もお忘れなく~(笑)

  • 2007/06/02 (Sat) 15:13
  • youguizi #mbwhQQ6o
  • URL

録画しながら見ました!あの「我的家在山的那一邊」のところは、私も涙がでそうでした!
ストーリーはおもしろかったのですが、二時間に内容が詰め込まれすぎていたので、やっぱり本をよんでみないといけないな~と思いました。
このドラマ、何が原因かわからないのですが(映像?キャストかな~)、最初の一時間は、火曜サスペンス系のドラマに見えて、なかなかテレサの世界へ入り混む事ができませんでしたが、89年くらいから話がおもしろくなってきて後半は良かったですね。
このドラマを通して『自由』な時代を自分が生きていることのすばらしさを実感しました。
v-219『カンゴロンゴ』情報ありがとうございます!ちゃんと録画しました。早くみたいで~す!

  • 2007/06/03 (Sun) 07:12
  • > youguiziさん #J8eUK5BM
  • URL

おかげさまで録画できて、ぼちぼち見ています。
ふと思ったこと。
「我的家在山的那一邊」
私のと言う場合は「的」は省略するのが正しいはずですが、ここはなぜあるのでしょう?

  • 2007/06/06 (Wed) 02:16
  • arip #LkZag.iM
  • URL

そうですよね。こういう場合省略可能ですよね~。。
文法苦手なのであくまでも私の推測ですが。。
歌なので、メロディに歌詞をあわせると的をいれたほうがよかったのかしら?
いつも細かいところに、気がつくaripさん、さすがですよね。私も見習いたいです!

  • 2007/06/07 (Thu) 05:29
  • >aripさん #J8eUK5BM
  • URL
が~ん

ああ、見忘れました……(ToT)。
切実に再放送してほしいと思うのであります…。

  • 2007/06/07 (Thu) 06:24
  • 阿雅。 #C9/gA75Q
  • URL
再放送するかな?

もし再放送をみることになったら、期待しないでみたほうがいいよ~!私は期待しすぎて、がっかりしました。笑
台湾で放送されたバージョンなら中文吹き替えになっていると思うから、そっちをみたほうがおもしろいかも。。ネットにアップロードされてないかな?

  • 2007/06/07 (Thu) 06:49
  • >阿雅。さん #J8eUK5BM
  • URL
我的家在山的那一邊

メロディーのせいとは気付きませんでした。
我的家とすると私の家そのものになり、我家だと私の家族の傾向があるとか。でも、あなたの家はどこかと聞かれたら、我家在~と答えるとのことですが、書き言葉にすると的を入れるらしいです。我的電脳だったら話し言葉も書き言葉も的は省略できないそうです。家はちょっと特別みたいです。
日本語も私の家や我が家と言ったりちょっと微妙ですよね。

  • 2007/06/09 (Sat) 21:30
  • arip #LkZag.iM
  • URL

我家在~と答えるとき、書き言葉にすると的を入れるのは知りませんでした。
この“的”の省略は、“的+人称代名詞、家族、人間関係・所属団体名”の場合に省略ができると昔に習った記憶があるのですが、そうだとすれば、我的電脳の“的”が省略できないのはなんとなくわかります。
ただ、私のMacを電脳ですが家族の一員のように考えている場合は、我苹果電脳になるのかもしれませんね~(笑)

  • 2007/06/10 (Sun) 07:45
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

熱い話題 第1部テレサ・テン アジアの歌姫は永遠に人々の心にテレ朝の「テレサ・テン物語~私の家は山の向こう~愛人、つぐない、時の流れ…日本中が涙した伝説の歌姫!家族愛・婚約破棄・謎の死…今初めて明かされる真実の生涯!!感動の実話」 タイトル長!でも、よござん

  • 2007/06/03 (Sun) 17:25
  • るもいの情報

24時間テレビを観て感動して買ってしまいました。CDを買って初めて気づいたのですが、サライとは「故郷」という意味だったんですね。改めて聴いてみると、とても心にしみる歌詞で、夢を追って故郷を離れた人なら涙なしでは聴けない名曲でした。故郷から離れてふっと淋しく

  • 2007/09/28 (Fri) 05:51
  • 演歌の感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。