スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんで中国語

今日は図書館で『ドラえもん』を見つけたので借りてきた。

私が借りたのは台湾版『哆啦A梦(ドラえもん)』。
もちろん中は繁体字で表記されているのでちょっと読みにくいかと
思ったが、マンガなので少し読めばすぐ慣れた。
DSC03056.jpg

私が中国語を学び始めた当初、どうしても北京大学がどんなところか
みてみたくて、一週間のド短期留学をしたことがある。
当時北京にツアーで行くよりも安かったのと、
北大でプチ留学体験ができるのでいいかな~と思って参加したが
今から思えばこれは留学というよりも旅行。
午前中2~3時間.北大で中国語を習ってから
午後はほぼ観光というコースだった。
『ドラえもん』のマンガでそのとき知り合った中国人学生のことを
思い出した。
彼女は北大で日本語を専攻、とても流暢な日本語を話すのに日本にいったことがないという(海外の日本語を学ぶ学生には留学経験がなくても外国語を習得している人にであうことはよくあるのでいつも感心する)
どのように日本語を勉強したのかきいてみると
日本のマンガが大好きで『ドラえもん』で勉強しましたと。。。

私はマンガを読む習慣がないので、今までその事を知っていながらも
実践していなかったが、今日はたまたま見つけた『哆啦A梦』を
読んでみて少し彼女の言ったことがわかったように思う。

マンガだとドラマや映画と同じように
実際に言葉をつかっている状況•場面が自然にはいってくるし
簡単なフレーズで表記されているのでなかなかよかった。



おまけ:
中国語で「ドラえもん」のことを『机器猫』というのは大陸だけ?
台湾が『哆啦A梦』なのかな?どなたかご存知の方教えてください。

ドラえもんの他に日本のキャラクター達をしらべてみた。
「魯邦三世=ルパン三世」
「(桜桃)小丸子=ちびまるこちゃん」
「面包超人=アンパンマン」
「柯南=コナン」
台湾ではケロロ軍曹はKERORO軍曹
大陸でも同じなのかな?これも気になる。。


コメント

こんにちは。
台湾版の漫画が図書館に置いてあるのですね。びっくりしました。うちの市でも扱ってくれないかな、と。
去年中国の中学校に行ったら、日本の漫画は大人気でした。
「NARUTO」とか、「カードキャプターさくら」とか。
漫画に限らず、ストーリーがあるもので勉強すると、分かりやすいし面白いですよね。

  • 2006/04/17 (Mon) 21:16
  • youguizi #mbwhQQ6o
  • URL
大阪市は。。。

はじめまして!コメントありがとうございます。
大阪市は中国人の人が多く住んでいるようで
中国の書籍やビデオが豊富です。中国語学習者には
ありがたいです!「NARUTO」も大人気なんですね。
漫画などの娯楽からお互いの文化に興味を持ち始める人が
増えるだろうから、そういう話を聞くと
うれしくなります!!


  • 2006/04/17 (Mon) 23:59
  • こけし #J8eUK5BM
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。