スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年、2007年は「金猪年」

来年、2007年まであと二ヶ月をきりましたね。
来年の干支は猪(いのしし)ですが、中国では「猪」はブタを意味するので、
干支の猪は「いのしし」ではなく「ブタ」になります。
子だくさんのブタさんの年、中国では六十年に一度の縁起の良い「金猪年」ということで出産ブーブー。じゃなかった。。“出産ブーム”の年になるそうですね。。

ネットでこんな記事がありました。

その記事はこちら
記事によると、今、中国では出産後の赤ちゃんのお世話をしてくれる女性=「月嫂」の数が
足りないらしいです。というのも、最近の中国では、新米ママたちは
赤ちゃんの世話を自分の親たちにお願いせずに、家政婦サービス会社を通して、
育児経験がある専門的な知識とノウハウをもった人を派遣してもらう傾向にあるからだとか。

私の経験からいえば、自分の母も主人の母も仕事をしていたので、普段は育児のお手伝いをして
もらえない状況、産後ゆっくりするどころか、慣れない赤ちゃんのお世話で大忙しでした。
大阪市は保健センターの助産師さんが、一度だけ自宅を訪問してくれるというサービスがあり、
そのときに色々教わることができてよかったという経験があります。
私も日本でもこういうサービスがあれば(あるんだろうけど)利用してたかも。。。。

Chinesepod38高級の「理想男人」で、jennyたちが“2006年は結婚するのに縁起のいい年。
来年、再来年は、春節の前に立春がくる「春の無い年」で「寡婦年」といわれるので
その年の前に結婚しようとする人が多い”といっていましたが、
この記事では、来年は出産するのに縁起のいい年、そして再来年はオリッピックの年だから出産する人が多いとのこと。結婚はだめでも出産はいいんですね。
おめでたいことが続くのは嬉しいけど、中国人の友人が多いと出費続きで大変になりそうです。笑

おまけ

この記事で知った中国語

☆准妈妈=プレママ

☆走俏=よく売れる

☆扎堆=(一所に)集中する
buta.jpg


コメント

ベビーシッターってほんと助かりますよね。
気楽に利用できるのならお願いしたいと思うことよくあります。現実は難しいですが・・・
以前テレビで アメリカで高学歴の中国人のベビーシッターが大人気だというのをみたことがあります。中国語を話せるように赤ちゃんの頃からネイティブの発音を聞かせたい。と思っている親が増えているとか・・・
これからの時代 中国語は注目されてるんでしょうね。 考えてみればほとんどの国にチャイナタウンってありますもんね。

  • 2006/11/22 (Wed) 17:36
  • かあちゃん #PTRa1D3I
  • URL
中国語マスターして。。将来は。。

私も中国でベビーシッターになろうかしら。笑。
日本語が勉強できるベビーシッターって人気でませんかね~???
そうそう、この前テレビでみたのですが、あるアメリカの教育機関の研究によると、子供に外国語を学ばせるとき、ビデオ学習はあまり効果がなく、実際にその外国語を話す人と直接関わったほうが学習効果が高いらしいです。そんなデーターからも直接学べる中国人のベビーシッターが人気なのかもしれませんね。
やっぱり子供の成長て人との関わりが大事なんかな~。。

  • 2006/11/23 (Thu) 12:02
  • > かあちゃんさん #J8eUK5BM
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

子育て、育児、保育の悩み解決では、子育て、育児、保育の不安や悩みを解決する情報をお伝えしています。

  • 2006/12/07 (Thu) 13:27
  • 子育て、育児、保育の悩み解決
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。