遣唐使に憧れて

京都留学中?!の私。この歳になって初めて体験することも多く、備忘録としてこちらのブログに書いておこうと思います。中国語ネタと少し外れますので興味のない方はスルーしてください。

初めて中国(唐)に国費で渡った最澄さん。
唐で三面大黒天さんのお力をしり、帰国後、自ら三面大黒天を刻み、比叡山の守護神とした。その当時小さな草庵だった比叡山がどんどん発展したのは、その三面大黒天さんのお力だとか。。。。また、豊臣秀吉が、三面大黒天さんを自らの守護神ときめて信仰してから、出世したと伝えられている。

この三面大黒天さんが祀られた延暦寺の大黒堂で甲子の日に行われる法要に、ご縁があって家族で参加してきました。

所要時間が1時間、七人の僧侶が大般若転読600巻の経典を30分を掛けて目を通します。このとき僧侶の方々が、それぞれ教本を手にもって左上から右下にぱらぱら転飜(てんぽん)するのです。
これがまた、すごい勢い+大きな声で行われるので圧倒されます。
うちの子達も、同じくその珍しい動き?に釘付けで、興味津々。普段騒がしい子達もおとなしく約1時間の法要をありがたく家族みんなで参拝することができました!(このてんぽんはこんな感じ。場所はちがいますが、動画がありました。こちら

法要の後、鶴喜そばでおそばをいただき、大黒堂に戻るとお供えしていた供物のお下がりをいろいろいただくことができたのですが、なんとその中に前から食べたかった『清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)』があり、思わず歓喜!
土器みたいな形でかわいらしいです!
歓喜

このお菓子、奈良時代に遣唐使によって、仏教伝来とともに伝わった唐菓子の一種で、千年たった今も、変わらず作られている。
白檀、桂皮、竜脳など仏教で言う「清め」の意味がある七種の香を入れた皮で包み、胡麻油で揚げたもの。八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、形は金袋を表しているそうです。

この歓喜団子の皮の味。。私、どこかで食べたことがある。。。
しばらく考えて、わかりました!!
中国の麻花に似ている!あんこ入り麻花って感じです。やっぱり今回も中国ネタにつながりました(笑)

この日は、遣唐使が日本に持ち帰った唐菓子をたべながら、私も近い将来必ず、中国に渡り、日本に面白いものを持ってかえってきたいものだわ!と強く思いました。

どこの国の子どもも同じ?!【延暦寺にて】

先週の日曜日は、60日に一回巡ってくる甲子の日。
この日は大黒天さんの縁日ということで、比叡山延暦寺で行われる『甲子会の法要』に
初めて参加してきました!このことについても書きたいのですが、また後ほどにして
とりいそぎ中国語ネタを書きます。

紅葉で美しい比叡山延暦寺は、中国人観光客でにぎわっており、今日も生きた中国語を少し耳にすることができました。

ちょうど、延暦寺根本中堂に向かう長くてまっすぐな下り坂があるのですが、
下り坂があると全力で走り出したくなるのが子ども!!
息子がおもしろがって走り出すもんだから、思わず『ここで走ったらあかんよーー』と注意する私。

そんな私の隣で“ぷーやお ざいぱおらー”と中国語が聞こえました。
我が子を注意してくれたのかしら??と前方をみると、うちの子と同じくらいの子ども(中国人)が、うちの子と同じように走って坂をくだっていました!!
それをみていたお母さんがたぶん私と同じように『不要再跑了!』といったんだろうなーーー

『ぷーやお ざいぱおらー』が『不要再跑了!』であってるのか?
自信がないけれど、こういう言い方するんだーと勉強になりました。
『別~了』(~したらあかん!)を『不要~了』といってるところからたぶんこの親子は南方人かな?

子どもって、何度もママに危ないから注意されても、前に坂があると走ってみたくなる。
どこの国の子もおんなじなのねー(笑)。




幼児祝福式

うちの子はキリスト教系の幼稚園に行っています。
子どもの頃、仏教系の幼稚園だった私にとって、我が子が体験してくるキリスト教系の行事はとても新鮮でこの年になって知ることや得ることがたくさんあります。。

先週末、『幼児祝福式』というものがあり、こんなカードをいただいてきました。

私好みのカードだったので思わず、一通り声に出して読んでみました。
なんとなーく、韓国語が一番それらしく発音できたかな?その次は中国語、ドイツ語。
後は適当な発音で読んで楽しませていただきました。

IMG123

中国語でイエス様って、【耶稣】なんですね。

ちなみに、幼児祝福式とは何か?無知な私は園長先生に伺いました。

一言でいうと、“キリスト教の七五三。子ども達がここまで立派に成長したことを祝福する行事”だそうです!日々学習。疑問を持ったらすぐに聞くべし。。



我家宝宝1周岁了

あっという間に1歳のお誕生日を迎えました!!最近の彼はだんだんタッチが安定し、5.6歩歩いては、しゃがんでまた5、6歩歩いてはしゃがんでと慎重にステップを踏みながら、“歩く”という感覚を、自ら楽しんでいるようです。

また、行動も活発になり、おもちゃのバイクにまたがったり、子供用チェアーのステップによじ上ったり、カゴや箱に入ったり出たり。。。と、ますます目が離せなくなってきています。
《学習メモ》

★站得很稳:たっちが安定する。

★小心翼翼:(言動が)慎重である,注意深い.
 ※もとは『詩経』の中の句で,「厳粛で敬虔である」という意味だったが,現在では「注意深い」「少しもおろそかにしない」という意味に用い,日本語の「小心翼々」のような悪いニュアンスはない.

★步伐:足並み.歩調.ペース.歩み.テンポ

不約而同

最近、不约而同“(行動や意見が)期せず一致する”という成語を知ったのですが
これをしっかり覚えるためにも私の日常である不约而同なことを考えてみました。

一つ目。。私と子どもが偶然にも同じ色や柄の服を選んで着ていて、知らず知らずのうちに親子そろったコーディネイトをしていることがある。

二つ目。。ふと寝室をみると、二人の子どもと主人の三人が並んで寝ている姿=寝相が全く同じポーズだったり(寝顔もそっくりなのでかなり笑える)。

三つ目。。地域である育児関係のイベントに行くと、約束もしてないのに必ず何組か知り合いの親子にであう。

四つ目。。台湾のスターが来日するイベントに行くと、数年前に香港のスター来日イベントで知り合いになった人や韓流スター来日イベントで知り合いになった人と出会う(笑)。

などなど。。ほかにもまだまだありそうです。

ipod touchで子どもがゲームで中国語【Feed Me! (Mandarin) 】

子供向けのアプリ。大人の私が楽しんでいます。しかもFREEアプリなのでおすすめです。

日本語、韓国語、フランス語、ドイツ語もあるみたいです。。。

FEED ME

リンクはこちら→Feed Me! (Mandarin)

ipod touchで NHK中国語【まいにち中国語】

久々にApp Storeをぶらぶらしていたら おもしろそうなのが発売されていました。
NHKラジオ講座『まいにち中国語』2008年のテキストとCDの内容のアプリだそうで、テキストを見ながら音声が聞けるそうです!
とりあえず第1巻は発音なのでパスして第2巻第3巻 買ってみようかとおもいまーす。


まいにち

リンクはこちら→まいにち中国語 第1巻