関口知宏鉄道紀行 絵日記原画展@佐川美術館

滋賀県の佐川美術館で、「関口知宏 鉄道紀行~絵日記原画展」を開催されています!
これは、HPを見ているとトークショーもあったみたい。。気がつくのが遅かった(残念)
常設の「平山郁夫、平和の祈り」展とあわせて是非とも見に行きたいです。

開催期間:2009(平成21)年4月2日(木)~5月24日(日)9時30分~17時
※入場は16時30分まで
※月曜休館(5月4日は会館し,5月7日に振替休館)
会場:佐川美術館特別展示室(滋賀県守山市水保町北川2891)

会場への交通: JR湖西線堅田駅からバスで約15分,またはJR東海道本線守山駅からバスで約30分,いずれも「佐川美術館」バス停下車
※詳しいアクセス方法は,佐川美術館のページをご覧ください.
入館料: 一般1000円,高校・大学生600円,小・中学生300円
※小学生未満は無料

詳細は佐川美術館ホームページ

この日記↓佐川さんのライバル?運送会社の名前がのっているけど展示されてるのかな??
絵日記


babyに靴下をはかせるか?はかせないか?

前々からこのブログをみてくださってる方はご存知だと思いますが、
私が新大阪駅の近くに住んでいた頃、よく新大阪駅で中国人観光客をナンパ?!して国際交流していたのですが、一昨年京都へ引っ越ししてからは、京都駅ビルで中国人観光客を探しては、国際交流しています!
色々観察しているうちに、中国人団体観光客達は、新大阪から京都まで新幹線にのってきて、この京都駅ビルの屋上から京都の景色を楽しむというのが、定番のコースだと気づきました。

こないだも杭州から来た観光客数名とお話したのですが。。。。。
話題はもうすぐ六ヶ月になるbabyになることが多く、うちの子は足がめっちゃ太いので、それを指摘されることが多く、今回も足の話題になりました。

たまたま暑かったこともあって、赤ちゃんの靴下を脱がして抱っこしていたところ
中国人観光客達に“靴下をはかせないと風邪をひきやすくなる。赤ちゃんにはかならず靴下をはかせなさい!”と言われました。
たしか、日本では赤ちゃんには靴下をはかせないほうがいいみたいなことを聞いた事があったので、その話をすると、驚かれました。

実際のところ、どっちがいいのかよくわからないので、上の子に『どうしよっか?』となにげき相談してみると『それは中国の話やん、ここは日本やからはかせないでいい』とあっさり返されました(笑)。
まあ、靴下の件は、どっちでもいっかーって話なんだけど、今回のスモールトークの中でわからない単語がでてきました。
じぁお やぁーん? じぁお いぁーん?じぁおいえん?みたいな発音だったので 気になって家で辞書ひいてみたんだけどハッキリこれだ~と確信できないのですが、
おそらく、足の話題だったので“くるぶし『脚眼』”のことかな?と。

辞書によると標準では『脚踝』というみたいだけど、『脚眼』という地方もあるらしいです。
もしくは『娇养』。あまやかす、ちやほやすると言われたのかもしれない。
やっぱり今度は筆記具持参で京都駅までいこうかな?!
こうやって会話の中で覚えるのがいちばん楽しいです。中国人観光客からしたら、私ってめっちゃ怪しい日本人かもしれないけど、気にしない、気にしない。笑








土曜日の『遥かなる絆』が楽しみだ!

楽しみにしていたドラマ『遥かなる絆』がはじまりました!

今から14年前、このドラマと同じく「中国残留孤児」をテーマにした『大地の子』を見ていた私は、まだそのころ中国語とは全く無縁でした。なんせ、このドラマをみて妹を中国語で“メイメイ”って言うことを覚えたという。そして上川隆也さんを中国人だと思っていました(笑)
あれから14年たって、中国語にハマってしまった今の私。ドラマを見る視点も変わりました。もう鈴木杏が実は中国人?だなんて思ったりしません(笑)ただ、鈴木杏が金城くんやジェイやエディソンチャンに続いて今回もアジアのイケメン達と共演するのか謎だ?なんでやねん?!とおもうようになりましたけど。(うらやましいっ)

このドラマに出演されている中国人俳優さんの中国語は、とっても聞き取りやすいということもあって、中国語のセリフも聞いていて心地いいです。これから土曜日の夜の放送が楽しみです!

そして早速、挿入歌も聞いていて心地よかったので調べたところ
iTunes storeで配信されていたので早速買ってしまいました!この声、癒されます!
今朝、購入したときは人気がゼロだったのに、先程見てみたら一気に増えていました。ドラマの影響ってすごいんですね!

“植樹歌”→一江ウタカ - A Journey of Praying Songs - 植樹歌~Folksong of China~

このドラマの原作あの戦争から遠く離れて外伝―「孫玉福」39年目の真実
の著者の城戸久枝さんのお姉さんが一江ウタカさん?!
すごい姐妹ですねっ。

旅先便利カード

100円ショップで、またまたチャイナなものを見つけましたっ。

こちら↓『旅先便利カード』
旅先便利カード
旅先で使えそうなフレーズが単語カードに書かれているもの。
ハッキリ覚えてないけど、お店には、私が買った『観光・移動編』の他に『緊急編』『買い物編』『ホテル』『食事』『出入国 機内』があったかな~?!

中身をみてみると、カードの表面に日本語、その裏面に中国語+発音がカタカナ表示。
この商品は『見せても声に出しても使える!旅先でも安心』と書いてあったけど、中国語を全く知らない人が旅先でこのカードを使って、カタカナ表示を読んで発音するより、中国語の方を見せた方がいい。

旅行で実用的かどうか?はおいといて、私の中国語学習ツールとして、この単語カードを使えば、日常の隙間時間に会話や単語を覚えられ、意外と便利だと思いました。
これから自分でも単語カードをつくってみようかな?!!

そうそう、中身で、ちょっとおかしな所も発見しました。
空港まで 空港まで2
“空港までいくらかかりますか?”って、時間じゃなくて、交通費のことですよね?

まあ、これがミスプリだったとしても、単語カードは一枚差し替えればいいだけなので、商品を作っている側も便利ですね(笑)






気になるフリーペーパー

旅行代理店H.I.S.と恵文社一乗寺店のコラボで創刊したフリーペーパー"travesia(トラベジア)。配布は関西限定。場所は、恵文社一乗寺店、関西のカフェ、関西H.I.S.各店舗。

創刊号は「台北」ということで!!早速ゲットしにいきまーす!

詳細はこちらのサイトで、簡易版PDFもあります。

keibunnsya