朝の日課

今年に入ってからの私の朝の日課は、中国語の勉強です!といいたいところですが。。

実際は。。。

毎朝ネットで試写会プレゼント情報をチェックしては、こまめに応募し、チケットを当てるのにハマってます。今年に入ってから試写会や鑑賞チケットを30本ほど当てました。中国語学習より努力がすぐに結果に繋がるのでやりがいもあります(笑)


当選する秘訣としては、応募するときに、映画に対する熱い思い?やコメントなどを付け加えると、当選する確率も高くなるみたいです。それからwebとはがき両方で応募できる場合は
はがきで応募したほうが今までの経験上、確率が高いです。


最近試写会でみて面白かった中華系の映画は、“カンフーダンク”“ミラクル7号”“。どちらも私の好きなありえね~系でツッコミどころ満載でした。

そうそう、見に行きたいな~と思っていた台湾シネマ・コレクションでも試写会プレゼントがあったので応募しておきました。

りそな銀行webアンケートキャンペーンに答えると
台湾シネマ・コレクション2008@シネマート心斎橋での上映作品映画「練習曲」の試写会ご招待券が当たるかも?というもの。

締め切りは8月29日までなので、まだ間に合います。

詳細はこちら 
今シネマート六本木で開催中の台湾シネマ・コレクション。この後は心斎橋でも開催されるんでしょうね。。。

先日、オリンピック関連の記事を中文サイトでみていたらバドミントン女子シングルスで二連覇した張寧選手の記事に、【蝉連】という単語が使われていました。

スポーツ用語に【蝉】だなんて変だな~とico_semi03.gif

北辞郎で調べると

蝉联:(タイトルを)保持する (もとの地位に)留任するという意味だと知りました!

蝉がなぜ?続くとか保持するとかいう意味を持つのかという理由、ネット上で調べてみると
“蝉の鳴き声が長く続くから”という説と“蝉はもとの姿を残し(保持し)たまま、脱皮し成虫になるから”という説がありました。

結局のところ、五輪関連の記事でよくみかける卫冕 (連覇する)と似たような意味なんでしょうね。


蝉に関係する成語も1つ覚えました。
☆金蝉脱壳
 (セミが外皮を脱ぐように)人に知られずそっと姿をくらますこと/もぬけのから
テーマ: 中国語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

東山再起

刘翔。。期待していたのに残念。

今回はいろんなアスリートの活躍をみていて、
五輪大会にあわせてベストコンディションで挑むのって、ホント難しんだろうな。と思いました。


yahoo!の五輪ニュースの記事をみていたら

孙海平转述刘翔誓言:“我一定会东山再起”とありました。

“东山再起”って何?“: 東方神起 ”の兄弟グループって一瞬思いましたが。。

辞書で調べてみると 返り咲く。再起する。もとの位置に返り咲く。という意味。

“有言必行!”で頑張ってもらいたいです。




テーマ: 中国語 | ジャンル: 学問・文化・芸術

北京五輪の後は上海万博

読売テレビのサイトをみていたらこんな番組が。。

応援しまっせ!2010上海万博

大阪も元気な上海からパワーをもらって、活気づくといいけれど。。

北京オリンピック公式ピクトグラム

コカコーラ1.5ℓを買ったらパッケージに北京五輪のピクトグラムと
競技名の中国語が、クイズ形式で紹介されていました!
これはすぐにわかりました!!

pikuto.jpg
コカコーラのサイトでは発音も聴けます。

ソフトボールが垒球って言うんですね。
“垒”って漢字初めてみました。





「ふたつの祖国をもつ女諜報」鄭蘋如の真実

読売テレビ開局50周年記念ドキュメンタリードラマは、映画『ラスト・コーション』のモデルになった鄭蘋如なんですね。

前に放送された「女たちの中国 第2弾」で、鄭蘋如の母親が日本人だと初めて知った私ですが
中国でもこれはあまり知られていないそうです。鄭蘋如がどんな女性だったのか?この番組で
少し真実が取り上げられるようなので、みてみたいと思います。


番組の詳細はこちら