海遊館の中国語の音声ガイドを体験

昨日は雨。どこに出かけようか悩んだあげく、海遊館に行ってきました。
ここは、いつも台湾や香港、中国、韓国をはじめとするアジアからの観光客であふれかえっていて、ここは本当に日本か?と疑うくらいいろんな言葉が聞けるスポットです。
ついつい、となりに中国語を話している人がくると、耳ダンボになってしまう私。
きっと外国語学習者にありがちな行動だとおもいますが。。。

日曜日の昨日は、5月10日に高知からやってきたジンベイザメの「海くん」お目当ての家族連が多かったです(ちなみに、子供の名前に「海」という漢字が付いている子は入館料無料フェアをやっています。7/8まで)

子供が動物やお魚が好きなので、子供が生まれてから、ここへ来る機会が増えました。この海遊館は、子供にとっては楽しい場所。大人の私も、楽しいことは楽しいのですが、よく考えると一つの大きな水槽の周りをぐるぐる回って降りて見ていくだけだし。。。すでに何度も来ている大人の私は、少しマンネリ化してきた気がしたので、更に楽しむために、思い切って中国語の音声ガイドを借りてみることにしました。

海遊館の音声ガイドは、日本語(キッズ用もあり)、英語、中国語、ハングル、フランス語とあって、利用料は300円。これを首からぶらさげ、耳にイヤホンをつけて、各水槽の前へ行くだけで、生き物の解説を聞くことができます。聞き取れなかった部分は、ガイド番号を自分で入力してスタートボタンを押せば、繰り返し聞けるので便利でした。

今回は、中国語の音声ガイドを借りて、海遊館の楽しさが倍増!ただ、聞き取れない部分が多くてストレスも倍増しましたが(苦笑)。自分のレベルを再確認するためにもやってみるとおもいしろいと思いました。

私は、ラッコ、ジンベイザメ、アシカ、カワウソなど中国語でなんというのか知らなくて
音だけ音声ガイドでおぼえて、自宅に帰ってから、辞書や海遊館の中文サイトで調べて復習しました。これらの単語を使う機会は少ないとおもいますが、こういう機会に覚えようとしないと覚えないので、よかったです。

次は、英語かハングルを借りてみようかな?面白そうです。

今日は常盤ちゃんの「玉蘭」

今日は常盤貴子ちゃん主演の「玉蘭」がテレビ朝日(21:00~23:06)で放送されます。常盤ちゃんひさしぶりのドラマです。
以前おなじテレビ朝日でやった「流転の王妃・最後の皇弟」はかなりよかったけど、
今回はどうかな?
常盤ちゃんは女性編集者、結婚、就職などに挫折して、
新しい世界で何かをはじめたいと上海へ語学留学する女性の役。


TV番組表のサブタイトル。。↓

玉蘭~東京-上海-広東,7000キロを超える旅…百年の愛の物語!“私を探さないで…”都会から消えたOLが見た,略奪愛,不倫愛~涙と感動の結末!!

なんだかコテコテです。笑

このドラマの主題歌 「時のかけら」weiwei wuu の公式サイトで少し聞けます。

探すのをやめたとき、見つかることもよくある話


一昨日ハローワークに行ってきました。
求人を検索すると、またまた中国と関係のある会社がヒット。
職種は一般事務、中国語できれば優遇。時給も1000円以上だし
かなりいい。働いてみたいな~。。。

本当に、中国関連の会社に転職したいと必死で探していたあの頃は、
全く見つからなかったのに。不思議なものです。

これって、鍵をなして、必死で探しているときはみつからなくて、探すのやめたら、突然でてきた~とか、彼氏がほしいと必死に思っているときは、なかなかみつからず彼氏なんかいらないわ〜と開き直ったときに、意外と彼氏ができるのとおんなじですね。

“モノって必死に探しているときは見つからないもの”

まさに、中国語の俗語 
 踏破铁鞋无觅处,得来全不费功夫

踏破铁鞋无觅处 ta4po4tie3xie2wu2mi4chu4
鉄のわらじをはきつぶすほど探しても見つからない

踏破铁鞋无觅处,得来全不费功夫
血眼になって探し求めていたもの(人が)がひょっこり現れること
(比喻费很大的力气找不到的东西,却在偶然间又轻易地找到了

今、必死でものを探している方、少しあきらめてみるとふと見つかるかもしれませんよ~。

Bei Xuのインストアライブ@大阪タワーレコード

やっぱり気になって見に行ってきました。
20070612085813.jpg

でも最初からは、間に合わなくて最後一曲だけしか聞けませんでした。
「Will You Still Love Me Tomorrow 」

(童安格 の明天ni是否依然愛我のカバー)
中国語の曲が最後でよかった~!!(隣の日本人のおじさまは一緒に中国語で歌ってました。うらやましくて私も家に帰って歌詞覚えました。)

私はもちろん一番後ろで聞いていたのですが、奇麗な顔もしっかり見えて
生の歌声やっぱりめっちゃよかったです。今度来日したら、ライブいきたいと
思いました。

もうすでにCD持っているのでサイン会は参加せず帰ろうとしたところ、
偶然にもタワレコの外の通路のところでご本人と出会いました。
歌い終わって、サイン会の準備が整うのをマネージャーさん?と
待っているところで、子連れということもあって私たちに笑顔で
手を振ってくれました。話しかけたかったけれど、CDをタワレコで買ってないのに
裏からサインもらいに行くのもルール違反のような気がして、できませんでした。

歌っているときは大きく見えたけど、実際みてみるとすごく細くて華奢、
真っ白なワンピースにナチュラルメイク。透明感のある白い肌が印象的。
笑顔がかわいい人でした。

イベント中は写真撮影が禁止だったとおもうので、イベント終了後
会場を片付け始めたときに、ちょこっととった写真がこちら
私の携帯カメラ、大事なときにピンぼけするんです。笑
白いワンピ姿の女性がbeixu。
20070612085900.jpg


橋詰優子の「おはようチャイナ」6/9

ここのところ、朝5時に起きてひとりの時間を楽しんでいます。
子供が起きるまでの数時間、家事したり、ネットしたり。(中国語もしなあかんねんけどな~)

今日は久しぶりに橋詰優子の「おはようチャイナ」を、聞きました。久々にきくと、「ニュースおぼえチャイナ」という新コーナーがスタートしていました。しかも、このコーナーに六月からFMCOCOLOでおなじみのシャオチェンが出演。面白かったです!

今日のニュースは中国の大学受験のニュース。
内容はこんなかんじ↓でした。

中国では9/1が新学期のスタートなので、初夏に大学入試が行われる。
今年は大学入試開始30周年。空白の十年、文化大革命の間、大学入試制度が廃止されていた。
当時は、成績ではなく、共産党に対する忠誠心が大学合格の判断基準だったが、小平が1977年の夏に試験を実施しましょうということで今の大学入試がはじまったそうです。

中国では一人っ子政策のため、子供一人にかける親の投資がすごい。
中国の子は親の期待を裏切らないように熱心に勉強するのが当たり前らしい。

朝7時くらいから学校の授業がスタート。補習、塾もあって11時12まで勉強。そして小さい頃から積み上げてきた努力の集大成がこの大学入試となる。
最近は、受験のために親が子供に心理カウンセラーをつけたり
お受験メニュー薬膳を用意したり。。
試験会場に近いホテルでは受験生専用のフロアがもうけられたたり。。。

中国の受験がなぜこんなに大切なのかというと
中国の戸籍制度が関係しているとのこと。
田舎の戸籍の人は、都会で仕事さえあれば生活ができるが、生まれた子供は親の本籍の戸籍のままなので、都会の小学校に入れないから、田舎にもどってそこの小学に入学しなければならい。その子が再び都会で生活するには北京、上海をはじめとする都会の大学に入学。卒業後都会での仕事をみつけなければならないらしい(私が上海の人から聞いた話では中国の戸籍制度では母方の戸籍を子供が受け継ぐので上海の戸籍の女性と結婚したい人が多いとか。。。)

おまけ;中国(上海)のげんかつぎ
ホテルの部屋番号 6が敬遠されるそうだ。
理由:上海語 6(ロッ)が「落」と発音が似ているからだそう。



上海で一杯20~30元のコーヒーを星巴克(スターバックス)で飲んで“我不在办公室,就在星巴克,我不在星巴克,就在去星巴克的路上”といっている白领(ホワイトカラー)たちは、子供の頃、血のにじむような努力をしてたんやろうな。


目の体操【眼保健操】


昨日お昼に“”おもいっきりテレビ”のテーマがドライアイ予防でした。目の周りのツボを押すマッサージ法を紹介しているみのさんをみながら、

ふと。。。
以前、中国語の先生が中国には目の体操というのがあって
学校で毎日やっていたって話してくれたことをおもいだしました。
目の体操。そのとき、先生は実演してくれなかったけど、
生徒ごころ?に教えてほしいわ〜と思っていた私。

検索してみること、なんでも見つかるんですね〜。ネットってすごいわ!感動。
20070608083034.jpg


【やり方をアニメーションで説明した動画】こちら
闭眼って言われて目を閉じたら、動画がみれなくなってしまいますので要注意。(笑)
第四番目が手がつりそうになりました。難し~い。

☆youtubeにもありました。
眼保健操1
眼保健操2

 “为革命 保护视力 预防近视 眼保健操”
  革命のため、視力を保護し、近視を予防か~!すごいなこの呼びかけ!


現在、中国の都心部では、近視の子供が増加しているので、
この眼の体操は効果なしって言われているそうですが、
それって、この体操っていうよりも
小さいうちから、勉強しすぎなのが直接の原因のような気もするな~。

実際に自分でやってみたところ、少し目の疲れが癒される気がしました。
眼精疲労にはよさそう。。でも手がつりそう。。






Bei Xuインストアライブ!!



徐蓓ベイ・シュー「Moonlight」発売記念イベント情報!
行ってみたいけど、日曜日だし、家族巻き込んで?、行けるかな~?
大阪で二回もやってくれるなんてかなり嬉しい!

ミニ・ライヴ&サイン会(又は握手会)

6月10日(日) 大阪
●上新電機ディスクピア 日本橋店 インストアイベント(ミニ・ライヴ&サイン会)
 12:30スタート お問い合わせ 06-6634-1161 

●タワーレコード 梅田マルビル店 インストアイベント(ミニ・ライヴ&握手会)
 14:30スタート お問い合わせ 06-6343-4551
「Moonlight」UCCJ2058をご購入いただくと、特典引換券(ライブ終了後本人よりサイン色紙プレゼント)をお渡しいたします。(特典引換券は数に限りがございます。予めご了承ください。)

6月11日(月) 東京 
●HMV渋谷店 3Fイベントスペース インストアイベント
 20:00スタート お問い合わせ 03-5458-3411

6月16日(土) 東京
●タワーレコード 渋谷店 5Fイベントスペース
 13:00スタート お問い合わせ 03-3496-3661
イベントントスペース

uccj2058.jpg
“Moonlight”
ベイ・シュー - Moonlight

フィギュア大好き

日曜日は、京都国際マンガミュージアムで開催中の海洋堂のフィギュアミュージアム展に行ってきました。
会場には以前大人買いしたANAユニフォームコレクションもあったし海洋堂の満漢全席、香港飲茶シリーズもありました。
めちゃくちゃかわいかったです!やっぱり満漢全席シリーズはコンプリートしたかったな。


今回、この会場で初めて知ったのですが、この海洋堂の食玩は、中国の工場で一つ一つ手作業で色付けされていたんですね。目を塗る担当者はずっと同じ目だけを塗るらしく、うちにある食玩も一個一個大切にしなあかんな~と反省。

帰ってから海洋堂について色々調べているうちに、
6月30日に童友社から、「食品サンプルコレクション 香港食べ歩きシリーズ 香港飲茶」が発売されることがわかりました。早速予約しちゃおうかと。。。




ちなみにフィギュアって中国語では盒玩っていうみたいですね。
お盆の上にのっかったキャラが多いからかな~。
扭蛋はカプセルフィギュア、がちゃがちゃですよね。きっと。

海洋堂を大阪府が中国語で紹介した記事があります。
興味があるかたはこちらどうぞ



こちらは↓松屋町で買った消しゴムセット。お気に入りです。
DVC00001.jpg

毛沢東に会ってみたい人は四川省へ

すでにご存知の方も多いとおもうのですが毛沢東のそっくりの女性陈燕さん。
毎回メイク代に衣装に2000元,四時間か~。すごいな。。
会ってみたい!

20070602084527.jpg



『女版“毛泽东”惊现四川街头』
このニュースを中国語で聞けます

「テレサ・テン物語」録画予約完了!

以前から、楽しみにしていたドラマ「テレサ・テン物語」明日夜9時からです!

テレサ・テンの一生をドラマ化するってネットの記事でみつけたときは、
まだオファーがあった女優さんがみな「テレサの役が重すぎる」といって断る人が多く、いったい誰になるのかすごく楽しみでした。

結局のところ、引き受けたのが木村佳乃。
こういう大変な仕事をど~んと引き受けちゃう潔さってすごいな。ちょっと見習いたい!

彼女が台湾で会見した内容の記事をみていると、台湾では、かなり印象がよかったみたいですね。中国語で「大家好!我愛台湾!」なんて挨拶したり、記者達からの鋭い質問にも、さらっとかわしたり、時代考証が間違っていたことについての指摘にも、すぱっと「対不起」と謝るなど、なかなか潔い感じ!



テレサ・テンと言えば、歌謡曲が好きな父の影響もあって、私は子供の頃から
歌番組に出演している彼女の歌を耳にしていたのですが、
父が歌うど演歌とはちがって、この人の曲は好きだなっと思ったくらいでした。
それからカラオケでかなり歌ったぐらい。。。


1995年42歳の若さで、彼女が亡くなったと知ったのは、
私がその年にはじめて通った中国語教室でした。
教室では、もちろん彼女の話題になり、はじめてその死に謎が多いことを知りました。
中国人の先生は“政治的な部分で色々と利用されてた人だったから。。もしかしたら暗殺されたかも。。?”みたいな話がでてきて、なぜ歌手が政治的に利用されるのか?話題が重たすぎて付いて、中国についての知識があまりない私は、ほとんど話を聞いていませんでした。(今思えばもったいないことをした。)

覚えている話といえば、大陸出身の先生は、「若い頃、彼女の曲を歌う事が禁止されていたので、夜中、こっそり家の窓を閉め切って小さい声で歌った。それが青春時代の唯一の娯楽だった。」といってたことぐらい。

そして12年たった今、ようやく、自分が、この話に興味がもてるようになりました(中国語のレベルはあんまり変わってないのが悲しいけれど。。泣)。
ドラマだけでは不完全燃焼になるとおもうので『私の家は山の向こう―テレサ・テン十年目の真実』早速図書館にリクエストしておきました。
(7人まち。。いつごろ届くかな?劇団ひとりの本は400人まちで届くまで一年以上かかったわ~)

木村佳乃の台湾でも会見の模様、少しですがyoutubeにありました。
こちら
この話の中にでているpaobudashuって「跑步答数」て数を数えながら,走ることですよね。軍人さんと走るテレサ。なんで???謎だわ。

それからyoutubeで検索してひっかかったテレサが歌う「我的家在山的那一邊」。この歌がキーになっているですよね。更に謎は深まり、楽しみになってきました。



このシーンもドラマにあるみたいです。更に謎だわ!