海遊館の中国語の音声ガイドを体験

昨日は雨。どこに出かけようか悩んだあげく、海遊館に行ってきました。
ここは、いつも台湾や香港、中国、韓国をはじめとするアジアからの観光客であふれかえっていて、ここは本当に日本か?と疑うくらいいろんな言葉が聞けるスポットです。
ついつい、となりに中国語を話している人がくると、耳ダンボになってしまう私。
きっと外国語学習者にありがちな行動だとおもいますが。。。

日曜日の昨日は、5月10日に高知からやってきたジンベイザメの「海くん」お目当ての家族連が多かったです(ちなみに、子供の名前に「海」という漢字が付いている子は入館料無料フェアをやっています。7/8まで)

子供が動物やお魚が好きなので、子供が生まれてから、ここへ来る機会が増えました。この海遊館は、子供にとっては楽しい場所。大人の私も、楽しいことは楽しいのですが、よく考えると一つの大きな水槽の周りをぐるぐる回って降りて見ていくだけだし。。。すでに何度も来ている大人の私は、少しマンネリ化してきた気がしたので、更に楽しむために、思い切って中国語の音声ガイドを借りてみることにしました。

海遊館の音声ガイドは、日本語(キッズ用もあり)、英語、中国語、ハングル、フランス語とあって、利用料は300円。これを首からぶらさげ、耳にイヤホンをつけて、各水槽の前へ行くだけで、生き物の解説を聞くことができます。聞き取れなかった部分は、ガイド番号を自分で入力してスタートボタンを押せば、繰り返し聞けるので便利でした。

今回は、中国語の音声ガイドを借りて、海遊館の楽しさが倍増!ただ、聞き取れない部分が多くてストレスも倍増しましたが(苦笑)。自分のレベルを再確認するためにもやってみるとおもいしろいと思いました。

私は、ラッコ、ジンベイザメ、アシカ、カワウソなど中国語でなんというのか知らなくて
音だけ音声ガイドでおぼえて、自宅に帰ってから、辞書や海遊館の中文サイトで調べて復習しました。これらの単語を使う機会は少ないとおもいますが、こういう機会に覚えようとしないと覚えないので、よかったです。

次は、英語かハングルを借りてみようかな?面白そうです。

案内看板で中国語学習


日曜日は関空に家族でお出かけした。
関空がオープンした頃から、飛行機が好きな主人と旅が好きな私が
空港で遊ぶ楽しさにはまってよくでかけるスポットなのだが、
こういうところにくると私が無意識のうちにやってるのが
案内看板などに書かれている中国語と韓国語をみること。

たまたま展望台行きシャトルバスのりばでバスをまっている間
そのバス停の前にあった分別のゴミ箱のブレートに

【保特瓶】って書いてあるのを発見!

【保特瓶=ペットボトル】

こんな風に知らなかった単語に出会うとうれしい!
今日は看板から収穫ありだった。

そのとき主人に
「あの看板にある鳥居みたいな文字、あれなに?」と質問されたのが
【开】という日本語の【開】の簡体字。

私は「そんなこと想像したらわかるやろ~常識やん」とおもったけど
中国語を知らない人からしたらそんなこと常識ではないんか~と後から納得。今日は主人がわからない言葉がわかる自分に気づかせてもらい、なんだかへんな優越感にひたることができた!笑

ちなにみその看板には
「开往展望厅巴士的乘车处と書いてあった。

その後、関空の近くにある「りんくうプレミアムアウトレット」にも立ち寄った。
大阪にいながらアメリカにきたような気分に浸れるな~と思っていたが
歩き始めると、、人とすれ違うたびに広東語、北京語、韓国語がきこえる。アメリカ気分どころか、日本人以外のアジア人密度がかなり高いスポットだった。「あっこの人台湾やわ~この団体は香港だ~」とか想像しながらマニアックな楽しみ方ができ、おもしろかった。また行きたい!

上海新天地

GWは上海新天地にいってきました!
といっても大阪日本橋にある『上海新天地』です。笑

大阪の日本橋は、電化製品が安く買える『でんでんタウン』が有名な場所!でした(過去形)が、最近は市内に大型電化製品の店(ヨドバシカメラやビッグカメラなど)ができた影響で、「萌え」の街と変化してしまいました。
でもこの街を歩いているだけで中国語人とすれ違う確率が高い!のは昔のままです。

この街に数年前にできた、上海の香りがプンプンする新しいショッピングモールが“上海新天地”。7階建てのビルの中には中国の雑貨、DVD、書籍、食品がたくさん詰まっていて、飲茶のレストランや中国語の曲が豊富にそろったカラオケもある。一歩店内に入ると、中国気分に浸れる場所です。

ここへくると日本人の私も必ずスタッフに中国語で話しかけられるので
中国語を使って買い物もできるし、中国の書籍やDVDも豊富(ネット通販で買うよりもちろん格安)なので私のお気に入りスポットです。

GW中『江南シルク女子楽団」がエントランスでliveをやってくれるということでどんなものか見に行ってきました。
中国武漢から来日した女の子5人組。武漢の歌舞劇院の代表として日中友好のイベントなどに参加、中国名は「絲竹琴韵女子新民族楽団」らしいです。楽器は二胡、横笛、中阮 琵琶、横笛。それぞれの楽器を演奏の前に中国語で紹介してくれました。それを司会の人が日本語に訳してくれるのでちょっとした中国語の勉強にもなりました!ちょっと女子十二楽坊のぱちもんみたい~と笑えましたが、
素敵な生演奏をきけて、まさしく子育ての合間の中国的生活ができた一日でした。
DSC03176.jpg



DVD「超班宝宝」も購入したので
また時間があればブログにアップします!

テーマ: 大阪 | ジャンル: 地域情報

飲茶のお店で中国語学習

久々に以前中国語を教えていただいていた先生(上海人)が
経営している飲茶のお店にいってきた。
ここの飲茶がとっても美味しく、二歳の息子も私もここの料理の大ファン。
ランチの高菜ラーメンと飲茶のセットをいただいた

ランチを食べながら少し先生と話をしたが、
中国語がまったくでてこなくてほとんど日本語で会話してしまった。。反省。
うちの家から片道一時間もかからなければ、毎日でも遊びにいくのに~。

場所は、近鉄奈良線の学園前駅の北側に徒歩5分くらいのところ。
お店の名前は『邂逅 xiehou 』赤いテントが目印!
このお店の名前の意味は
『出会う、出会い、巡り会う=親戚や友人に偶然巡り会うこと』
私も何度かこの店で中国語を学習している人たちに偶然出会あった。
中国語を学習しているだけで初対面でもすぐに朋友になれる。
そういうところが、中国語やっててよかったな~と思うところ。
まさにこの店の名前通りだな~なんて思う。

ここでは中国茶を飲みながら中国をゆっくりと勉強できるという
中国語教室もやっている。

私も子供がもう少し大きくなったら復活しようとおもっている。

そこで覚えた単語。

【磁悬浮列车】 リニアモーターカー
        話し言葉では磁浮列车でも使われている。

上海の国際線空港から市内に行くには、リニアから地下鉄に乗り継がないと
いけないようで、実用的ではないらしい。 FC2 Blog Ranking

テーマ: 奈良 | ジャンル: 地域情報

日本橋の『上海新天地』

前々からずっと行きたいとおもっていながらなかなかだった日本橋の『上海新天地』にやっといってきました。
目的は中国の子ども向けの童謡VCDを購入するため。
子どもが生まれてから、忙しいからということを言い訳に
ストップしている中国語も中国の童謡で勉強するれば楽しく学べるかと・・・。

日本橋の駅からでんでんタウン方向へ中華風の香りがする方向を?たどっていくとすぐ見つかりました。9月に一部リニューアルオープンしたらしく華流グッズがたくさん。以前はほとんど知ってたのに今はわからないアーティストもちらほら。

上海新天地なのに韓国映画・ドラマの(日本語・韓国語・英語字幕なし)VCDがたくさん販売されていてるのにはびっくり。
さすが商売上手なチャイニーズだわ。

お目当ての子供向け童謡VCDをもってお会計にいくと、いきなり日本人スタッフに中国語で接客されてしまいました。『私、日本人ですけど・・』というとそれから焦った顔で日本語に・・・。他のお客さん達には日本語やったのに謎でした!!なんで私だけ?
ここのスタッフはどういう基準でお客さんに中国語と日本語の接客をするんだろうか?やはり見かけ?私はかなり中国人ぽかったのか?最近はめっきり中国カルチャーから離れていたのに・・不思議やわ~★オーラがチャイナなんかなぁ。