私の夏休みのお勉強

小学校1年の長男の宿題。
一行日記(毎日)、こくごさんすうドリル 音読、計算カード、こくごさんすうプリント、絵日記3枚、読書5冊。自由工作(できれば。。)

エンジンがかかるまで時間がかかるようなのですが、なんとか毎日がんばってくれてます!
ドリルやプリントなどは、時間があるときに、「何枚かやって早く終わらせたら?」と私が言っても、
「一日、一枚ずつするようにいわれているから。せえーへん。」と先生にの言うことは素直に聞く息子。。
周りのお友達は、すっかり終わらせちゃって、あとは毎日の日記だけみたいなんだけれどな~。。
お友達を見習って早め早めにやってほしい。。。

でも、“毎日何かを続けてやる”ってことにも、意味があるのかもしれないので
毎日こつこつがんばってもらうことにしました。

私もこの際、子供のまねをして夏休みのお勉強何かしてみよう!と、考え
とりあえず毎日少しの『音読』にしました。

今日は『かばくん』の中国語版を手に入れたので、これを読んでいます。
日本語訳も気になったので、息子が小学校から借りてきてくれた『かばくん』の訳を
自分の絵本に『書写』しました。中国語と日本語で楽しめる絵本の完成!!
これは日本語の絵本を買うよりやすくて、親子で使えるのでいいかも~!


IMG_0670.jpg  IMG_0667.jpg



私と小鳥とすずと

ほぼ毎月ある上の子の授業参観、私が学ぶことが多く、先生の魅力的な授業に、学生にもどった気分で参加しています。
今月初めの日曜参観で、先生が紹介してくださった『わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集』。
お恥ずかしながら、震災後繰り返し流れたACのCMで、私は『金子みすゞ』さんのことを初めて知りました。
そして『にほんごであそぼ』という番組で、この詩いいな~と思っていた『わたしと小鳥とすずと』が、この方の作った詩だということも参観の日に初めて知りました。

♩みんなちがって みんないい♩。奥が深い言葉です。私もほんとにそう思う。
ちがっていることを素晴らしいと思えるような人に、我が子も育ってほしいです。


わたしと小鳥とすずと   我和小鸟和铃铛

わたしが両手をひろげても  我伸展双臂
お空はちっともとべないが  也不能在天空飞翔
とべる小鳥は私のように   会飞的小鸟却不能像我
地面をはやくは走れない。   在地上快快地奔跑

わたしがからだをゆすっても  我摇摆身体
きれいな音はでないけど     也摇不出好听的声响
あの鳴るすずはわたしのように 会响的铃铛却不能像我
たくさんなうたは知らないよ。 会唱好多好多的歌。

すずと、小鳥と、それからわたし 铃铛、小鸟、还有我
みんなちがって、みんないい。  我们不一样,我们都好

微笑的魚

たまたまちらっと読んだ“プレジデント Family 2011年 06月号 に英語の絵本の多読、英語シャワーで多聴を実施している中学校が紹介されていました。
私もそれをまねてみようかと、絵本を検索しているうちに、台湾の絵本作家幾米(ジミー)の絵本動画がありました。
なんだかジミーの絵本、手元にほしくなりました。

『ふたり』ミーナ、中国へ

たまたま、図書館で目にとまってかりてきたのがこの絵本。

ふたり―ミーナ、中国へ

ふたり ミーナ

ミーナとコーゲは一緒に暮らしていた。
ミーナは、ある日、中国のことを書いた本に出会う。
そして中国の夢をみた翌日、一緒に暮らしているコーゲをおいて一人で中国へ旅立つ。

実際、中国へ着くと、自分の夢でみたものとは全く違っていた。

パンダ達が知らない言葉をしゃべって、周りはミーナの知らないものだらけ、
孤独な自分に気づいたミーナはホームシックに。。

そしてミーナは何かを探すように街をぶらぶら。。

ある年老いたパンダと出会って........というお話。


六歳の上の子供に読んであげると、「なんや この終わり方?!」と、拍子抜けな感じがしたみたい。
二歳の下の子はパンダ大好きなので、パンダがいっぱい描かれているのをみて、かなりよろこんでました。

旅に出たミーナ心境が、一人旅したときの自分と重なり、私は、なかなかおもしろかったです。
児童書だけれど、大人向けのストーリなのかもしれませんね。

この絵本はスウェーデンの人気絵本作家の「ふたり」シリーズの第三弾。
ふたり―2ひきのくまの物語が第一弾、第二弾がふたり―ミーナの家出。今度、借りてみようとおもっています。



駱駝祥子―らくだのシアンツ

最近、近代中国文学駱駝祥子―らくだのシアンツを読みました。
はじめは、はりきって“中国語でよもう!”と、原文を読み始めたのですが、読み進むについれて、ついつい話の続きが早く知りたくなり、結局、日本語訳の本を入手してすぐ読みました。

田舎から北京へやってきて人力車夫になった祥子、とっても真面目な青年に、どんどんふりかかってくる悲劇。。彼の心の中の葛藤などが、ユーモアーもまじえて軽妙に書かれているので、悲劇的なストーリの展開でも、なぜか楽しく読みすすめられたのですが、
やっぱり最後はなんとも言えない“どっよ~~ん”とした複雑な気分になる話でした。
なんとなく中国映画『心の湯』をみたときの衝撃や思いと似たような感じかな?

日本人的な発想だと、主人公『祥子』が真面目にコツコツ努力をかさね、貧乏から立派な車夫になって人生成功するというすじがきになるような気がするのですが、
やっぱり中国文学!全く逆の展開で、想像を裏切られた感じが妙におもしろかったです。

そして、ただ今、中国語で読んでいるのですが、ストーリがあらかじめ分かっているのでおもしろいし、(あたりまえだけど)上手に翻訳されてます。
日本語の文をみて、“あっ、たぶんここの中国語はこんな成語なのでは?”と思う所が原文をみてみると当たりだったり、はずれだったり、とおもしろいです。

なぜこの本を読む事になったのか??そのきっかけはまた日を改めて。。。。

気になるフリーペーパー

旅行代理店H.I.S.と恵文社一乗寺店のコラボで創刊したフリーペーパー"travesia(トラベジア)。配布は関西限定。場所は、恵文社一乗寺店、関西のカフェ、関西H.I.S.各店舗。

創刊号は「台北」ということで!!早速ゲットしにいきまーす!

詳細はこちらのサイトで、簡易版PDFもあります。

keibunnsya


『はらぺこあおむし』

うちの子が小さいときからよく読み聞かせていたエリック・カールの絵本。
彼の絵本展が京都伊勢丹内の美術館「えき」KYOTOで11月の末から約一ヶ月間にわたって開催されるようです。スペシャルサイトをみていたら33カ国の言葉に翻訳されて発売されているんですね~。

はらぺこあおむし』の中国語版のタイトルは
『好餓的毛毛虫』でした。
はらぺこ



月光下,叶子上躺着一颗小小的蛋。
星期天早上,太阳升起来,“砰!”从蛋里爬出来一条又小又饿的毛毛虫。
他开始去找吃的。星期一吃了一个苹果,可还是好饿。星期二吃了两个梨子,可还是好饿。星期三吃了三个李子,可还是好饿。星期四吃了四个草莓,可还是好饿。星期五吃了五个橘子,可还是好饿。星期六,他吃了一块巧克力蛋糕、一个冰淇淋、一根黄瓜、一块乳酪、一条火腿、一根棒棒糖、一个樱桃派、一根香肠、一个杯子蛋糕和一片西瓜。那天晚上,毛毛虫肚子痛了。
第二天又是星期天。毛毛虫吃了绿叶子,肚子好多了。
现在,他不饿了,不是一条小毛毛虫了,是一条又肥又大的毛毛虫了。他造了一个小房子,叫茧,把自己包在了里面。他在里面呆了两个多星期,咬了一个小洞挤了出来。
  毛毛虫变成了一只漂亮的蝴蝶。

【春分の日までに1冊仕上げるキャンペーン】に参加してみて

1/20からスタートしてこの二ヶ月、問題集【中国語検定2級徹底攻略】を一冊じっくりやってみました。
もともとこの問題集はたったの8課しかなかったので、、1課を1週間かけてとりかかり、二ヶ月で終わらすというゆったりしたプランを立てました。

問題の数は少なく、例文が満載だったので、例文を中心に学習をすすめました。
先ず例文のピンインだけを見ながら中文を書いてみてから、次は日本語訳から中文に訳せるかやってみました。中文訳は完璧にできたことがなく、まったくダメでこれにめっちゃ時間を費やしました。

例文には成語がよく使われていたので、ほとんどそれを調べてばかりでしたが、新しい発見の連続でした。漢字一字のもっている意味を辞書で調べてから、成語(四文字)をみること、その成語にまつわる話なを知ることに力をいれました。

あとは、コラムに【多義語】のコーナーがあり、これが結構、タメになりました。各課にある長文では中国文化を紹介する内容だったので、すでに知っている内容だったせいか、比較的簡単でした。問題を解くときに、その国の文化的背景を知っていることもかなり重要だと思いました。

例文暗記に時間を費やして、途中、吐きそうになったときもありましたが、キャンペーンで一緒にがんばっている仲間がいるということで、一応、最後の課までやりおえることはできました。

今年の春分の日は、“目標を立てて何かをやり遂げることってスバラシイやんか~!!”と達成感でちょっと特別な日となりましたがそれもつかの間。。

先日、ちらっと最初の課を見直していたら、あれ?これどういう意味だっけ?と意味をすっかり忘れてしまった成語がどんどんでてくる。。

もう忘れてしまってる。。がーーーーーーん。。

やっぱりアホは何度も同じ事を繰り返し、努力が必要。。

また四月から一ヶ月、この問題集で復習せねば。。。

というわけで、“問題集やりおえました!”と自信をもって言えない結果です。

とりあえず、朝起きたら、ネットをせずに問題集をやるという習慣は少しだけ定着したと思います。この習慣が崩れないように維持したいものです。

最後になりましたが、このキャンペーンを企画してくださったMarieさん!
おかげさまでいろいろと学ぶことの多い二ヶ月でした。ありがとうございました!!


【追記】
この問題集の中で、あれ?と思う点を2点みつけました。
(それともどちらも正しくて両方つかうのかな??)

これから同じテキストをお持ちでこれから活用される方にご参考まで

1、累夸了と書いてあったのですが、辞書では【累垮了】でした。p175

2、行影不离と問題集に書いてありましたが、辞書では【形影不离】でした。p249

私の本は2007年3月1日 2版発行なので、最新のものは訂正されてるかも。。

思わず買ってしまった本

書店でおもしろそうな本をみつけても、ほとんど図書館でリクエストしてしまう私ですが、中国語関連の本となると、ついつい財布のひもがゆるんでしまい、今日もついついまた一冊買ってしまいました。

これ↓

JAPAN 中国語~日本語 (イラスト会話ブック)

20070826004636.jpg




イラストがとってもかわいいとおもったら 昔流行った【いまどきのこども】の玖保キリコさんのものでした。
内容は日本文化を中国語で、写真とイラスト入りで、わかりやすく説明しています。この本は日本に旅行に来た中国人に向けて、旅が更にたのしめるように作られたものみたいですが、中国語学習者の私が見ても楽しいです。
この本から、日本のことを覚えれば、新大阪駅で出会う中国系観光客にも、
説明できそうな感じです。

JAPAN 韓国語~日本語 (イラスト会話ブック)もあるみたいなので、買っちゃうかもしれません。

【中国語メモ】


この本の後ろの方にある【簡単一言フレーズ】より

大笔大笔 da4bi3da4bi3  がっぽり
大笔大笔地赚钱 がっぽりかせぐ 

坑坑洼洼 keng1keng1wa1wa1 でこぼこ
道路坑坑洼洼的,很危险   道路がでこぼこで危険

疲惫不堪 pi2bei4bu4kan1 くたくたに疲れる
走路太多 累得 疲惫不堪 歩きすぎてくたくただ


テーマ: 中国語 | ジャンル: 学問・文化・芸術