『洛バス』の多言語アナウンス

今日、子供と一緒に『洛バス』101系統に乗ってきました(乗ることが目的)。
観光地をメインに走る『洛バス』の車内案内放送が新しくなっていました。
既存の日本語と英語の他に、韓国語、中国語に増え多言語化、
車内案内表示や、バス接近表示器の表示も新しく多言語化し、充実してきました。

101系統のアナウンス。(youtubeに動画がありました)
中国語と韓国語が増え、“中国人、韓国人観光客”はもちろん“私にとっても”ありがたいサービスだと思いました。
日本語アナウンスも新音声合成装置で作られているようで、なんだかおかしな日本語になっているのも
おちゃめです。中国語も韓国語もひょっとしてそういうところがあるのかもしれませんね。

ただ、一番後ろの席にすわるとエンジン音がうるさすぎてあまり聞こえません。


それと
今日の“洛バス”は、地震、原発の影響で外国人観光客がめっきり減って、日本人観光客が多いような気がしました。


みんながHAPPYになる市バス

市バス大好きな上の子が乗りたいといっていた『HAPPY BUS』にやっと週末に乗りました!
運行は日によって1、9、37、46系統と変わるので、当日、西賀茂営業所に電話してどの辺りをうごいているか問い合わせました。私たちは西賀茂車庫までいって乗りましたが、待ち時間がかなりさむかったーーー。


この『HAPPY BUS』はこんなバスです→。詳細はこちら

ラッピングも個性的で前は五山の送り火、五重塔や鳥居。
ナンバープレートは6666オーメンを連想(一桁多いけど)
happybyus1.jpg   happybus2.jpg

内装も手作り感&京都らしさあふれるものでした!
後部座席は市バスではめずらしい向かい合わせのボックス席になっており、新撰組の飾り付けがしてあります。

shinsen2.jpg

旅の思い出を自由にかけるノートや掲示板?もあってなかなかユニーク。
note.jpg ボード

上の子はうれしくって写真をiPhoneでとりまくり、ボックスシートになっている後部座席に知らない人と向かい合わせになって、一人ですわってバスを満喫していました。

京都市営バスの車内で【本日、出会った観光客】

今日は三条通へ行く用事があり、バス好きな息子と市バス一日乗車券を片手におでかけ。
三条通での出来事はまた後日、ブログに書くとして、まずは市バスの車内での出来事を書きます。

私たちの乗っているバスに、明らかに地元住民がのっている系統に外国人観光客が乗り合わせてきた。
私の感では、たぶん、見た感じ香港人。金閣寺に行こうとして間違えてきたはず。。
これは、教えてあげなければと大阪人の血が騒ぎ、ハラハラしていると、その観光客の二人組は私たちの前の座席に運良く座ってくれた。

相手はたぶん香港人。なので、下手な英語でどこへ行くのか聞いてみると、

やっぱり金閣寺!!(あいかわらず、外国人観光客に大人気の観光地!)

市営バス博士?の息子に、どこでおりて、どのバスにのったらいいかを確認し、英語で説明。
変な英語もうまく通じ、慌ててバスをおりていった。

その後すぐ、息子に『なんで中国人なのに、英語で聞いたん?』と聞かれた。

『香港人ぽかったから、英語にしてんよ』と答えると

『100%中国人だとおもう』と自信満々の息子。
なぜかと聞くと
『中国の国旗のキーホルダーしてたもん』と息子。
『そうなん!!よく見つけたね。ママ気がつかへんかった。それなら中国語で話せばよかったわ~。』と私。

自国のキーホルダーをしたから、中国人ってことはないと反論したい気もしたけど。といいかけたけれど、子供相手なのでやめた。


京都に住んで3年。まだまだ、道に迷っている人をみると、話しかけたくなってしまう大阪人気質はなかなか抜けきれない私。



京都市営バスの車窓から 【タイヤがレンズ?】

京都にも、やっとヨドバシカメラがオープンしました。

今日も子供とバス巡りをしていたら、ヨドバシカメラのラッピングバスに遭遇。
このラッピングバス。ミドリと小豆色で、なんだか抹茶と小豆?みたいで京都風。

ちょっと地味?
でもよくみると、なんとタイヤをカメラのレンズに見立ててデザインしてるじゃないですか!
なかなかおもしろーーーい。

ヨドカメラッピングバス

京都市営バスの車窓から 【たぬきち商店】

京都修学院にある八百屋さん(やおたみ)の看板キャラのたぬき。

IMG_0081.jpg

任天堂は京都発の会社だし、
きっとこのタヌキが「おいでよどうぶつの森」のたぬきちのモデルになったのでは???と
勝手に我が家で盛り上がっている“たぬきっつあん”です。

北8系統修学院まわりにのるとみることができます。



京都市営バスの車窓から 【顔のある家】

バス好きな子供におともしてるときにバスの車窓からみつけた顔の家!

顔の家

洛バス101系統にのると見ることができます。

なんの建物かよくわかりませんが、京都のプチなにこれ珍百景です。