10年前写的日记~《最近的妇产科医院》

2001.7.12の日記:最新の設備とサービスを提供する産婦人科で出産した友達の話。

昨天我跟高中时代的朋友见面了。她最近在东大阪的医院生了孩子。
她向我介绍最近的妇产科医院的情况。她住的产房跟五星级饭店的客房一样高级。
房内电话,冰箱,电视,空调一应俱全。孕妇在临产前一个月可以住进产房。
丈夫或母亲也可以一起陪伴住。产房的气氛跟家庭差不多。孕妇的心情可以放松。
分娩的时候,可以在同一个产房生孩子,不用移动。
为了让孕妇的心情轻松。房内的照明的颜色配合。
按着孕妇的身体情况,房内的照明变换。我觉得好像戏剧舞台一样!
最令孕妇们高兴的是出院时的欢送会。同时期生孩子的妈妈们会聚集在一起吃法国菜。
欢聚一堂交流,并且有很多人成为好朋友。

有一个孕妇在这个医院生了三个孩子。她很中意这个医院的服务。特别中意是法国菜单中的最后一道甜美的冰淇淋的味道。最近只生一个孩子的家庭増加了。
不想生孩子的女性也很多。所以妇产科医院的经营渐渐难起来了,但是这种让孕妇满足,服务内容丰富的医院一定会受欢迎。今后应该按着女性喜欢的方向,发展营业的路。

今はこういったサービスを提供する医院は増えてきてます。
私は一人目を総合病院で二人目を個人の医院で出産、総合病院は相部屋だったので、合宿みたいで楽しかったし、個人の医院は面会に来てくれた人や家族とゆっくり過ごせたし食事もおいしかったです。
どちらもそれなりによかったです。

10年前写的日记;“我们家的樱花”

昨天我整理了我的书柜,翻出了很多以前用的汉语笔记本。
那本笔记本里有几篇用中文写得日记。
我打算把那个篇日记摘抄以后,把这些笔记本丢弃。
摘抄一篇如下:
============
我家的樱花 2001/4/7
我们家的附近有一条小河。
这条河的名字叫“秋篠川”。
每天我坐公共汽车去车站的时候,都会经过这条河。
从车窗看到静静的河流和沿着河边满开的不知名的各种花草。
总是让我轻松愉快。

有时候我也顺着这条河散步,经常看到在当今大都市很难看到的各种生物
不同的季节可以看到相应的五颜六色的花草。
盛夏的时候 能听到青蛙的歌声。。。
去年住在这条河附近的居民们做了沿河植树的计划,一棵树一万日元,
希望种树的人可以种自己的樱花树。
我们家和邻居合种了一棵樱花树。
今年春天居民种的樱花第一次开了花。我们家的樱花树也开了。
这些树长得还不高,不过开的非常美丽。
我盼望着我们家的树明年开的更灿烂。

10年前写的日记 做盒饭

今天我整理了我的书柜,翻出了很多以前用的汉语笔记本。
那本笔记本里有几篇用中文写得日记。
我打算把那个篇日记摘抄以后,把这些笔记本丢弃。
摘抄一篇如下:
===========================================================================
作盒饭 2001/11/20

我总是六点起床,就准备自己的盒饭,拿这个盒饭去上班。
这个习惯已经坚持了一年以上。

开始作盒饭是因为去年遇到了飞车抢夺。
那时候我把一个月的工资被犯人抢掉了。
我觉得非常可惜,但是我要应该把这件坏的事情变成好的事情。
结果我考虑在日常的生活中,节约,存钱。

那时,我总不带盒饭去上班,在方便店买五百元的盒饭。一个月要一万元左右。
我想要是我自己作盒饭的话,一个月可以节约一万元。

开始的时候,我作得不好 所以我不想在同事前打开盒饭,但是模索了一年多找着了窍门。
我明白了作盒饭,色彩是最重要的。用红色,緑色 黄色 三种颜色的食材 排好的话 看起来非常好看。
现在我想尽量用冰箱里剩的东西作盒饭。

托犯人的福,将来我也许当作盒饭的高手。

我第一次去三千院

上个月我跟家人一起去参拜了京都的大原三千院。
这里的天气很凉快,很安静。气氛非常好。
虽然看红叶很不错,但是看绿绿的森林也很好!
我们已经来过好几次了。
现在我想起了我第一次来这里的事时候,是2002年的秋天。
那时为了看秘宝薬師如来像、我们带着老公的姥姥一起来了。
这个是一千两百年才有一次的机会。
有可能一辈子看不到也碰不到,真是千年难逢的机会!
她脚不好,要用轮椅。我们第一次带坐轮椅的人来。
这里有很多小坡、推轮椅的时候,要用很大的力气。结果非常累。
但是我们看到姥姥非常高兴的样子,就忘了一时的疲劳!!
那个佛像保存得很好!看上去很亮又很和善。
周围游人如织,门口肩摩肩踵接。
我们扶着姥姥去看的时候,站在我们的后面的有一个人对我们说不满,还推了我们一下。
我遇到这样的人有点儿失望。
但是这当中有很亲切的人,大家都帮助我们。
这一天虽然很累,但是姥姥很高兴,忘了一天的疲劳!

手語

今天我在电视上看到了NHK的手语节目。
每当我看手语节目的时,就会想起一位女性。
九年前我跟她学过一点基本的手语。
她是一位聋哑女性。我们在单位上认识的。
那时候她37岁,是我们总务科的女性里年龄最大的,但是看起来很年轻。
她的服装,发型,表情,让人觉得她好像一个可爱的小孩子,所以谁都不会想到她是一个孩子的母亲,而且还有天生听力障碍。
虽然她完全听不见,但是我跟她交流的时候,一点儿问题也没有。
她可以读我们的口型,还可以看我们的表情。
以此理解我们的意思。
我工作繁忙困难的时候,她会帮助我。
我的心情沉闷的时候,她就给我发伊妹儿鼓励我。
她写的文章生动活泼,仿佛如她的声音一般栩栩如生。

她在公司里人缘最好。一到发工资的日子,她首先会向大家建议这个月到什么地方去吃晚饭。那时候,在她的旁边总是充满笑声,非常愉快。

托她的福,现在已经记住了基本手语。
以后,我有机会的话,我想学中国的手语。

忘れられない中華料理“乞食鶏”

急に台湾映画が見たくなって「恋人たちの食卓」をレンタルしてきてみました。


この映画に登場する朱家では、毎週日曜日に家族(父と娘3人)揃って自宅で食事をする決まりがあり、元料理長の父親が腕を振るった料理がとにかく豪華ですばらしかったです。
この映画の第四回目の日曜日の夕食メニューに「乞食鶏」が登場。この料理は私が中国にハマる前に参加した社員旅行で食べた高級料理の一つで、忘れられない料理のひとつです。この料理をみながらこの旅行の事をふとおもいだしました。

私が勤めていた会社では、社員が積み立てしたお金で社員旅行に参加するという行事があり、行き先はロス、ハワイ、グアム、北海道、中国の中から自分の好きなコースを選ぶというものでした。私はその頃は中国に全く興味はなく、ロスコースを希望したのに中国コースになってしまいました。この中国コースは、うちの会社の役員や社長がプランしたもので高級五つ星ホテルに泊まって高級中華を食べて上海から蘇州、杭州へ鉄道で移動するといったもの。私はその頃総務部所属で普段の仕事+役員さんの秘書的な仕事もしていたため、上司に中国コースに行くようにいわれ、しぶしぶ参加、これが私にとっての初めての中国旅行となりました。

今思えば、あんな高級なホテルにとまって高級中華三昧の旅行は最初で最後だと思うくらい豪華でした。
そのとき食べた『乞食鶏』はめちゃくちゃ美味しくて、ひとりの役員さんがこの鶏をかなり気に入って独占して食べまくっていました。隣で“がつがつ”食べる役員さんの様子をみていたら、その役員さんの歯が乞食鶏の食べ過ぎで欠けてしまいました!!
相手が役員だったので私は笑いをこらえるのに必死でした。日本に戻ってからその歯を治療するのにかなり出費したらしく、また笑えました。そんな事件を引き起こした乞食鶏。本当に忘れられない料理の一つです。

後で知ったのですが、中国語では叫化(物乞い)鶏とも富貴鶏とも言うんですね。なぜそいう名前がついたか色々説があるので興味がある方はネットで検索してみてください。

それから、この中国旅行で忘れられないことがもう一つ。出会ったガイドさんは酒井法子似のかわいい人で日本語がめちゃくちゃ上手でした。日本に行ったことががなく“いつか日本に行くのが夢だ”と言っていました。日本に留学せず日本語がマスターできるなんてすばらしい。私も見習って中国語を留学せずにどこまで習得できるかやってみたいとそのとき思い、その後中国語を学習しはじめました。
その数年後くらいかな?さんまの『恋のから騒ぎ』外国人編にガイドの彼女が出演しているのをみて、びっくりしました。

思い起こせば、そのガイドさん。うちの会社の社長だけに丁寧な手紙とプレゼントを送ってきていました。やっぱり彼女はやり手だったのでしょう。有言実行、日本に来るという夢をしっかり現実にしていました。彼女は今頃どうしてるかな~。


私が旅した国々


初めて会う中国人と話をするときに、中国語会話力があまりない私は、【今までどんなところに行ったか?私はこんな所に行った】などの話題から入ることが多いのだが、【いったことがある=去过】を使って【我去过中国】は言えても、アルファベット表記の国名の漢字表記を知っていないと語れないことも多々。。。
ということで
今日はMarieさんのブログで紹介されていた【World66】で今まで行ったことがある国を塗りつぶしながら、漢字表記をしらべてみた。


worldmap.gif

まるで【桂三枝の国取りゲーム】みたいでおもしろい~

私が旅した国の詳細はこんなかんじ

★法国 (巴黎) 意大利( 罗马 威尼斯)
~バブル期大学生のブランドショップと美術館巡りの旅~

★埃及(开罗) 希�(雅典) 土耳其
~観光客列車襲撃事件の翌日についたカイロ、季節外れのエーゲ海クルーズ、せんだみつお似がいっぱいいたトルコ~

★新西兰

~人より多い羊と出会う大自然の旅、トロい馬に乗ったイラチの私~
★巴厘岛

~民族楽器の店でぼったくられ、民族衣装をきてみた自分の姿にショック~

★中国
~上海、蘇州杭州列車の旅、社員旅行でいく最初で最後の豪華ツアー~
添乗員さんの流暢な日本語に驚き、中国にいて日本語をマスターしたことに更に驚く。私も日本にいながら中国語をマスターしようと決断する。
また上海でバスにのろうとして押し出されパワーに圧倒されてしまったことや土産物屋でどうにかして高い商品を売りつけようとする商魂逞しい中国人と出会い、生きていくためにはこのくらいの根性がいるぞ~日本人はぬるま湯につかってるわ~あかんな~と中国人的な生き方に興味をもつようになった。その後、中華圏では上海、北京、天津 台湾 香港へ旅した。

★韓国 ~大阪1泊、ソウル0泊オールナイトの旅~
関空で飛行機の調子がおかしくなり、急遽出国取り消しとなり大阪のロイヤルホテルに1泊することになる。その翌日にソウルへ移動し24時間オールナイトで遊ぶ。宿泊は汗蒸幕(韓国のサウナ)でエステしながら仮眠。私の頭の中の韓国と、全く違っていたそのギャップにハマる。
後日、航空会社からお詫びとしてソウル大阪間の往復チケットをもらうことになり、これがきっかけで8回もソウルに通うことになる。
今のような韓流ブームなら周りも理解してくれるが、この頃はなぜ韓国に何度も行くのか不思議がられていた。職場では韓国に彼氏がいるのかと思われていたと思う。。。笑

★泰国 (曼谷)
~トラピックスで行く魅惑のタイランド~

★美国
~友達のロスに住むペンフレンドに会いにいくのにつきあった旅~

★香港
~コンサートをみに2回、香港映画にハマった主人の母と弟と一緒にロケ地巡り1回~

中国語を勉強していくうちにいつしかミーハー街道もまっしぐら、レスリーとアーロンのコンサートに行ったり、映画のロケ地を巡ったり。この頃は今の韓流スターのファンみたいに私も熱くて香港明星係数が高かった。

★夏威夷 ~ごく普通に新婚旅行でハワイ島とオアフ島~ 
    ~台湾でハワイ行き往復チケットを買い、そのチケットでオアフにいった~

★台湾 台湾でハワイ行き往復チケットを買うと安いと聞いて、仲間と台湾へ
    現地で台湾人の友達とあったり、電子街であやしいDVDを購入。足裏マッサージ。
    
 

今、中国の中でいちばん行きたい都市はやっぱり上海と香港と台湾。
この「World66」のマップ何度か行くと色が赤から青に変わるようになればもっと面白いのに~。アジア方面を特に塗りつぶしたい。



テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行